白湯始まってないけどとりあえず映画「進撃の巨人」感想

前回記事で「白湯始めます」的なこと言ってたんですけど、結局全然継続できぬまま2ヶ月経ちました。すみません。でもジムに通うことにしましたよ!(どうでもいい)

過去記事に星つけてくださった方がいたのは 認識しております、ありがとうございます。なんの反応もせず申し訳ない。後ほどお伺いします。。

 

そして白湯とか全然関係ないけど先日映画「進撃の巨人」を観に行きまして、ツッコミどころ満載でちょっと書きたくなったのでいろんなものの感想を後回しにとりあえず書きます。ちなみに私は原作をGEOのキャンペーンに踊らされて5巻まで読了(続きは映画の後借りてきてまだ読んでません)、アニメ未視聴の超新規、特に強い思い入れもないが原作は一応読んでるよ~~てなスタンスです。

 

 まず、映画を観る前に結構ネタバレ感想を読んじゃってました。ひととおり羅列。↓

d.hatena.ne.jp

anond.hatelabo.jp

monkey1119.hatenablog.com

nodogurokun.hatenablog.com

poreporekure.hatenablog.com

 

で、高評価も悪評も目にした上でいざ映画。

まとまりそうにないのでまず観てる途中に思ったこと思ったように書きます。壮大にネタバレ。めっちゃ長い。

 

・アルミンとぶつかったフードの人、國村隼に見えたんだけど指令役で出てきたから違うの?

・大砲のところにやたらチラチラ映る女優誰だよ売り出したい新人さんかなと思ったらAKB高橋みなみさんだったらしい。どうりで無意味に画面に入ってくるわけだよ…(後で知った、エンドロールでたかみなの名前出てきてどこに!?と思って検索しました。たかみなに悪い感情があるわけではなく、ものすごく大人の事情のにおいがする映り込み方に見えた)

・壊れた飛行機(?)の傍で話すエレン、ミカサ、アルミン。この3人のシーンで見える風景的に、壁の中、結構広くね!?wと思った。単純に私の想像してたより、よっぽど壁の中広かった。向こう側の壁までけっっっっっっこう距離ある。もっと、山に囲まれた盆地(向こう側までまるっと視界に収まるイメージ)みたいな感じかと思ってたから、予想外。広いじゃん全然閉塞感ないじゃんこれなら外の世界求めなくてもいいじゃんと思ったのは内緒

・そして上記のシーンから、エレンが「外の世界に行きたい」的なこと言い出して、近い壁の方へ移動するんですが、その壁までの距離も、結構あるように見えたんですけどね。徒歩で行けんのかよあの距離。

 ・超どうでもいいけど金網くぐるシーンでエレンもミカサもひっかかってほつれそうなカーディガン着てたけどすんなりくぐりすぎだろリアリティないよひっかかるよあれは(ツッコミ気質)

・で、ひと悶着あって巨人が壁の上から顔出すわけですが。個人的にツッコミどころNo.1はここかもしれない。壁が壊されかけて、その破片がバラバラ落ちてくるんですよ、無数に、50メートル上から。それを恐怖に怯えながら見てる。しばらく巨人見てる。…え?早く逃げないと落石で死ぬよ?50メートル上から石降ってんだよ?「巨人ほんとに居たんだ」じゃねーよ逃げろよ。まぁ、恐怖が大きすぎてすくんで動けない、ってことにしたとしても、じゃあせめて石の破片の一つでも誰かに当たってくれよ~~~なんで無傷なんだよ~~結構長い時間石が降ってくるの眺めてたよ~~????と。

・壁が壊されてパニックになる人々。パニック感は伝わったけど、「これエキストラかな~大変だな~」って感想になってしまった、残念な思考回路…

・エレンが「うちが心配だ」みたいなこと言って逆走してた気がするんだけど(うろ覚え)、両親は幼い頃に亡くなってる設定なんだよね?何が心配で逆走?

・教会に逃げ込むのは何かもうパニクってわけもわからず救いを求めて、人が集まるところに集まって行った、みたいなのは理解できなくもないけどそこは普通に内地の壁の方に向かっていく、とか、せめてもうちょっと強固そうな避難シェルターみたいな建物に出来なかったんだろうか…。「ここは安心だ」ってなってからのそれすら巨人に破壊される恐怖、の方が分かりやすかったろうに。どうしても、なぜ教会(木造の密室)に逃げる!?!?!?!ってのが謎すぎて。

・そして赤ちゃんをかかえて動かない大人と、それを避けて逃げる人々。その2人をエレンとミカサが助けに行く。…………????なんでや。せめて走ってる途中に前の人が転んだとか知り合いの子供だとかそういう“助けに行く理由”くれよ~「あそこに人が」じゃねーよ、それならあらかじめ人助けをよくする心優しい少年少女みたいな設定作っとけよ…

・赤ちゃんを抱いて座り込むミカサ。なぜ立たない。せめて教会の方向かって来いよ、さっきの母親(?)もそうだったけど、なぜ座り込む。でもこの喰われるかもってエレンと見つめ合うシーンの水原希子は綺麗だった。

・2年後、兵士となるエレンたち。「心臓を、捧げよ!」の敬礼のシーン、もっと間をためて描いてほしかった…敬礼した後すぐに次のシーン行っちゃってもったいなかった。このタイミングでエレンのみなぎる決意みたいな描写ほしかったのに…(ありがちだが)

・ジャンと喧嘩するシーンでいきなりエレンが「巨人に乳首あるのか?」って言い出す。は?ってなる。その後でハンジが「巨人に性器はないわ、だから生殖方法も不明。…」って巨人の未知さを語るのに繋がるから理解できたけど、でも単純にエレンが挑発する言葉のチョイスとしてこれはないよね。「巨人の声聞いたことあんのか」でも、せめて「巨人に性別あるのか」とか、もっと他にあったろうよ。なぜ乳首チョイスw

・で、壁を塞ぎに出発。他の方の感想にあったけど、声出すなっつってんのに喋る。ここで説明入れないと仕方ないのは解るけど、せめてもうちょっと小声にしようよ~

・「子供の声が聞こえる」って一人ふらふら救出に向かうヒアナ。自身が小さい子供の母親だから、っていう演出だったのかもしれないが、それよりツッコミの方が上回っちゃう。団体行動なんだからまず第一に上司の指示を仰げよ(そこで「2年間ここは無人のはずだ、もし赤ん坊が取り残されていたとしても生きてるはずがない」くらいのことは誰か言え)、誰かもっと本気で止めろよ、ってか、そもそも周囲の様子を見になぜあの場所で降りたの?

・車に乗って偉い人たちが先に逃げて、後ろに向かう言葉が「走れ!」って、えぇぇぇぇぇ…走っても追いつかれて食われるから燃料(資源)少ない中で車動かしてんだろー?もともと全員乗ってたんだし、乗せて逃げた方がみんな助かるよ…(結果走ってる人たち結構生き残ってたから、もう…結局主要キャスト死なないんだもん、知ってた。ってなった。清野菜名ちゃんがたぶんこの辺で喰われた気がする)

・シキシマの変身シーン(?)、特撮ヒーローみたいだったw シャキーン!!

・ミカサ再び。生きてて良かったね。でも死んだと思った人間が生きてたら、もっと困惑してもいい気がした。

・ジャンと喧嘩するエレン。結構な喧嘩。長い。人と戦う前に巨人と戦えよ~ぅ。

・ピアノの音は巨人にはOKなんですかね!????w

・一度は喰われたらしいミカサ。お腹に歯型ついてたけど、何その骨付きチキンかじるみたいな食べ方、これまでの巨人基本的に上半身か下半身すっぽり丸かじりみたいな感じの食べ方してたじゃーん…ミカサだけ何で横?そういうのちゃんと描写してほしかったよ~アルミンが飲まれた時も、他は結構齧られて切断されるのに、何でアルミンだけ丸呑みなんだ、助かるフラグでしかないじゃんってなるよ…

・とりあえず、歯型ついたくらいに喰われかけたその瞬間シキシマがその巨人倒して助けられて、シキシマに拾われて今に至る、みたいな妄想しといた。

・シキシマとミカサの林檎シーン個人的には好きだけど(ダークな長谷川博己かっこいい)、エレン発狂は意味がわからない。

・そして噂のラブシーンね、これね。思ったよりえろくなかったし他の方の感想で予想してたより自然だった。でも男口説くのに「娘の父親になってくれない?」は間違ってる気がするよヒアナ…(どうでもいいけど“ひあな”の変換が秘孔って出てきてその字面がちょっとえろくてキャラっぽいと思ってしまった)

・ここで巨人登場して、ヒアナ喰われて、みんな逃げ惑って、火薬奪われる、と。「火薬守れ」って言う割に、火薬の乗った車の近く(もしくは中)に誰もいないのなんでだよ!!!

・結局火薬泥棒誰だったん?

・火薬泥棒と戦うシーン狭いながらもすごかったけど、リル役の武田莉奈さんアクション出来る方だったんだよね?もったいないよねぇ。どこかで「意外性を持たせるためにアクションしなかった」みたいなこと見たけど、そんな意外性いらねぇよ適材適所大事だよ…。

・でも恋人を殺されて、トチ狂って火薬と共に巨人に突っ込む演技はよかった。あのシーンは良かった。あと演技関係ないけど綺麗な人だった、武田莉奈さん。

・火薬消滅からたぶん巨人と戦って、エレン喰われかけて、アルミン喰われかけて、エレンが助けて、飲まれて、巨人になる。かな?あんまり覚えてない。

・エレンがシキシマに見られながら戦うシーン、シキシマお前他の巨人と戦えよ、ってなってしまったw 何眺めてんだよって。あのニヤついて見てるシキシマ1回でよかった、何回も映らなくてよかった。

・アルミン喰われるとこ、何かやたらスローで巨人なかなか喰わないし他の人もそれをじっと眺めてるんだけど、これまでは同じ兵士仲間が喰われても「あぁ!!」ってなるけどすぐ逃げるだとか戦うだとか次の行動に移してたのに、アルミンだけやたら全員で注視。じゃあ助けろよ。でもサシャお前、弓で腕狙っても効果ないって習ってなかったの?ってか何で弓?(武器にバリエーション持たせたかったのかもしれんが、弓も斧も何でそれ?効果なくね?って。あとだいぶ既出だと思うけど、サンナギの巨人背負い投げも何か…どんだけ~って感じだったww)(※追記※ サシャが弓持ってたのは、原作でも途中から弓持ち出すからなのね!なるほど!でもやっぱり腕に放つのは違うと思うよ…)

・叫び狂うハンジ良かったな~、石原さとみがこの役やったのは、個人的にはとてもよかった。ぶっとんだ石原さとみよかったよ~

・ソウダのおっさんとミカサが巨人をエレンだと思ったのは謎。後編で回収頼む。

・ソウダのおっさん絶対何か知ってる。むしろ何か確信してる。後編で(ry

・うなじからエレン出てくる→ハンジの「だからそこが弱点」で、ちょっと謎解明っぽい。これは結構楽しみな伏線。

・巨人から出てきたエレンのネバネバすごかった。

・そして後編に続く、ドーン!

・エンドロール中に主題歌終わって違う曲になるって初めての体験

・エンドロール、キャストとスタッフ名が刻まれた壁を上に登ってく演出はよかったから最後登った壁の向こうから巨人の手くらい出てきてもよかった(ありがち)

・主題歌、邦楽じゃなくてデスノートみたいに重厚感ある洋楽だったらもっとずっしり終われたのになー(我儘)

 

映画観終わっての感想。

まず登場人物の名前、何で一部だけ変えたんだろうな~~~~ってやっぱり思った。(あと名字がないのも個人的には残念。人間じゃなくてキャラクターっぽくなっちゃう。シキシマとのシーンで「名前は?」「エレンです!」じゃ締まらない。「エレンです、エレン・イェーガー。」とか言ってほしかったやん…)

 一部だけ、ってのがなぁ。日本人設定優先するなら、クソださいけど例えばエレン→伊藤蓮、ミカサ→安座間実加、リヴァイ→凛堂みたいに適当にそれっぽい日本名にしちゃえばよかったのにって思うし、日本人が外国名名乗るのおかしいってなら、“世界中が巨人に喰われて100年、壁の中の人類はほとんどが各種民族の混血だ。昔壁を築くのに大いなる貢献をしたヨーロッパと呼ばれた国々の民族の名が多く受け継がれ広まり、また教育分野に秀でた集団が日本語と呼ばれた言語の書物を多く保管していたために現在の言語が壁の中の共通語となった”みたいなムリヤリ設定考えればよかったのに。

 

個人的にフクシとリルの恋愛描写はどれもアリでした。“巨人に襲われる”というとてつもなくファンタジーな世界で、「恋人と一緒にいたい」「恋人を守る」「恋人を殺されて悲しい」「恋人を殺した奴に復讐する」っていう恋愛の感情はシンプルに共感しやすかったんだと思う。

主人公であるエレンの動機というか熱情がいまいちよくわからなかったのは残念。原作エレンの動機は「壁の向こうを探検したい」+「家族の仇」って分かりやすかったけど、映画は「ミカサ(好きな人)を殺された」って怒りが、結果生きてたことでいったん解消されたとして「家畜なんて嫌だ」が乗っかってくるんだと思うけど、その感情は私はあんまりわからなかったんだよな~~~命を賭けて戦う理由よ。ジャンがつっかかかる理由もいまいちだしなぁ。

 

とにもかくにも後編による、のかなぁ?

ストーリーは全然納得いってないけど、CGすげぇなぁとは思いました。ただいかんせん私、普段洋画あんまり見ないしゲームもやらないし、特撮ヒーローものも見ないしピクサーとかのアニメも見ないから、「CG」に対しての知識が皆無なんだよなってことに今回気づいた。高評価の感想には大抵「CGすごい」の評価がついてたと思うんだけど、私その件に関してはよくわからなかったわすみません、ってのが正直なところ。巨人の恐怖も実はそこまでだった…喰われる人目線の迫ってくる感じは目を背けたくなったけど、でもまぁ…だってCGだもん、完全なる綺麗なCGだったもん…。原作読んでるイメージではもっと白くて重そうなの想像してたけど、映画は結構透明感があって青い血が流れてそうだった。イカっぽかった。 原作の方がよっぽど怖かった。原作読んでた時、絵は下手だけどこれでめっちゃ絵がうまくて鮮明だと怖すぎて読めないかもと思ってて、映画観たらCGが綺麗でクリアすぎて逆に作り物感がすごくてそこまで怖くなかった、という。無事最後まで観れたからよかったです。

 

 と、いうことで、長文もし読んでくださった方がいたらありがとうございます。

観ないと感想書けないし、という意味では観てよかったと思いますが、後編はレンタルでもいいかな…(笑) これから借りてきた原作漫画楽しみます。お疲れ様でした。