ゆめをたべてく

いろんな好きを掛け持ちする飽き性

良し悪しとは

学校を早退しコンサートに行ったら、翌日には知れ渡っていて生徒指導になり教師陣に盛大にヲタバレした話【後編】 - こじらせまくり

話題になっているこの記事。
とても楽しく面白く読んだ。
何年も待ったコンサート行けてよかったね〜とと思った。学生は有給ないもんな〜そういった点では大人になると自由だからいいこともあるよ〜と、コメントしようかと思ったくらいだ。「俺なら有給使って行くわ」と言った先生の言葉にも素直に共感した。


だが、その後でこちらの記事を読み、少し考えたことを書いてみる。

まず後者の記事を読んで最初に思ったのは、「親が許可してるんだからいいんじゃね?」だった。学校を休んでコンサートに行くことが何故悪いのか、正直わからない。わからないと言ってはいけない気もするけど、正直わからない。
私は学校に行かないことによって学習面その他諸々において一番影響を受けるのは本人、その次に授業料を出している親だと思っている。なので、本人が学校に行かないことによるデメリットを享受する覚悟を持ち、それを親が許可したのなら別にいいのではないか。(まぁホテルに高校生だけで泊まるのは感覚的に確かによろしくないと思ったのでそこが論点だとしたら反省しろとしか言えないし親もそこ許可すんなよと思う)
コンサートは、その瞬間にしか行われてない。生の舞台なりコンサートなりの経験って、その時その場限りだ。大人になってから、では、そのコンサートには行けないのだ。ましてや昨今のアイドル事情を鑑みると、もしかしたら二度と生で見られない人かもしれないのだ(個人的にコンサートに行くことを“会う”と、ファン側が表現するのには違和感を覚える)。これが映画なら「休みの日に行けよ」と思うし、パブリックビューイング的なものだとしても「DVD買おうか」と思う。
ここで遡ること十数年、私が小学生の頃、長野でオリンピックが開催された。当時住んでいたのが近県ということもあり、学校を休んでオリンピックを見に行くという同級生が何人かいた。小学生なのでもちろん親も同行してるだろうし、むしろ親が連れて行った形なのだと思うが、それを聞いて私はいいなと思った。後で振り返っても、学校での勉強よりも、オリンピックを生で見る経験の方が魅力的に思えたし、人生の糧となりそうな気がした。
ただ、もしも私が親になり、子供にオリンピックを生で見せたいと思ったとして、それが可能な機会に恵まれたとしても、子供に学校を休ませて見せようとは思わないと思うのだ。
それが不思議なところであり、結局私も「学校をサボってコンサートに行くのは悪い」と分かっていて、「他人の家庭の教育方針なんて私には関係ないので否定も肯定もしない」ということなのかもしれない。

せっかく楽しく読んでいたのに否定された、と、どちらの記事も勝手に読んでおきながら、勝手にもやっとしてしまったが、正論ゆえに言い返すことができず、こんな正論に気付かず楽しく読んでいた自分にもやっとしたのも多少あると思う。

そしてまた今回は、「学校サボってコンサートに行く」こと自体はまぁ本人(と親)の勝手だとしても、そのことをネットにあげる行為が重なってる点が「悪い」に拍車をかけているのだろう。
話は若干ズレるが、ジャニーズのコンサートでは大抵、始まる前に「会場内の写真撮影はご遠慮ください」というアナウンスが流れる。にも関わらず、一定数「コンサート行ってきた〜♡」などという文章と共に会場内の写真をアップしている人がいるものだ。撮影するだけにとどまらず、ネット上に載せちゃうなんて馬鹿だなぁといつも思う。
この行為と、今回の「学校サボってコンサート行ったら怒られた」の記事と、何が違うのかといわれれば「禁止行為を行ったうえにネット上に晒す」という点では全く違わない。
けれど私は、学校サボってコンサートに行った彼女のことは微笑ましく思い、会場内写真のアップしてる人に対しては蔑む気持ちでブロックしたりするのだ。

良し悪しとは何なのだろう。

結論は特に出ないのだけど(すいません)、だからこそ、せめて自分自身くらいはきちっと律して、誇れるファンでいようという心持ちで活動していきたいものです。


……ここまで書いといてこんなこと言うけど他人のことは自分に害がない限りどうでもいいと思って生きてきた節があるので高校生が学校サボって怒られようがそれがネットで話題になってジャニオタのイメージが悪くなろうがとりあえずジャニーズと所属グループが潰れずにいてくれる範囲ならどうでもいいな!今日も今日とてイケメンは世界を救うのだ!

終わります。