KAT-TUNのライブに再び行ってきた話。①

遅ればせながら
4/20「KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR"10Ks!"」in京セラドーム大阪
感想書きます。自分の備忘録。テンション高いな(メモ見て)。

f:id:lacht:20160507105139j:image


1.GOLD
2.Real Face
自分でもびっくりしたけど、大阪では名古屋の時みたいに「なんで3人はここにいないんだろう、なんで6人じゃないんだろう」と思わなくて、ただただ、帆を模したドクロマークの布にKAT-TUNって書いてあるのがたなびく映像見て、「あぁKAT-TUNかっこいい」ってひたすら思ってた。かっこよすぎてかっこよすぎて泣きそうだった(どっちにしろGOLDでは泣く)。「なんで6人じゃないんだろう」って思わなかったそんな自分にびっくりしながら、その後のReal Faceは一緒に踊れるのがひたすら楽しくて、あとはもう、楽しくてかっこよくて楽しくて、の繰り返しで。正直ここからしばらく記憶すっとんでいるけど絶対的に楽しかった(笑)
中丸さんが「大阪からやらないから!」って言ってた望遠鏡が剣になってて、そこはかっこいいって思う狭間でめっちゃ笑った。

 

3.BIRTH
4.THE D-MOTION
5.ONE DROP
6.WHITE
7.PERFECT

 

何の曲か覚えていないのだけど、最初の外周トロッコ(?)に【亀梨さん】【中丸さん上田さん】と分かれて乗ってすぐくらいに、水かなんか飲んでちょっと喋ってる中丸さんを見て微笑んだ上田さんの笑顔が優しすぎて、「こ、これがロバ丸…!」って思った。何だあの優しい笑顔。なんだあのやさしいえがおは!!!上田さん!!あんなに優しく笑うの見たことなかったんですけど!?!?!?!中丸さん限定かな?

 

8.春夏秋冬
この春夏秋冬終わりにKAT-TUNがピストルをこちらに向けるシーンがあるのですが、前回名古屋に参戦した後、そこで観客も銃ペンラをKAT-TUNに向けてた、ってレポを読んで、その手があったか!やりたい!それやりたい!!!ってすごく思ってたから、出来て超満足。私の周りほとんどやってなかったけど…。いいんです!(©川平慈英

 

9.DON'T U EVER STOP

 

10.MOON

これ!!!もう!!!!!KAT-TUN最高だな!ってなった一曲。
名古屋ではあれがマイクスタンドって気付けない遠さだったので「傘みたいなもの」などと表現していたのですが、まぁそれはどちらでもいいんですが、その着物の女に見立てたようなマイクスタンドを“亀梨さん抱いてる、上田さん担いでるところを中丸さん放置”なのが超それぞれっぽくて、KAT-TUN…好き…。ってなった。噂によると後日の東京ドームでは亀梨さん完全に公開ピーーーだったらしい。見たかった。大阪ではまだ攻めてる途中って感じだったよ……。(どっちでもえろいのに変わりないけど)(この人はこんなにえろいのに可愛さを両立しているのがすごい)
衣装について、中丸さんのメガネと黒めの生地のコラボたまらんですな…。中丸さんにはぜひ茶色などの濃い暗めの色の着物で文学青年の役をやってほしい…。


11.In Fact

 

12.NEVER AGAIN

やっぱりラップが歌いたくなる曲(笑)

 

 13.僕らの街で

この曲を聴くと赤西さんを思い出す。不在だったのに。赤西さんがいたら、この曲もっと売れてただろうな、などと思ってしまってごめんなさい。

 

14.KISS KISS KISS
今回の席がバックステージに近いアリーナだったのですが、このKISS KISS KISSを後ろから見れるあの席ほんま神席でした…。あのお尻ふりふりしてる踊りの一部始終を後ろからじっくり見られたんですよ、最高でした。肉眼でも見れる距離だったけどひたすら双眼鏡で亀梨さんのぷりけつ追ってしまった…変態かよ…。でも最高だった。終始「あざぁーーーーっす!」と思って見てた、最高だった……。(最高何回言うんだ) ほ、ほら普段後ろから見ることってないですしね、レアですよレア。
全くすみませんこんなファンで。常々「亀梨さんとKAT-TUNに誇れるファンでいたい」と思ってはいるのですが、この時ばかりは私の中の溢れ出る変態(!?)がむくむくと顔を出しまして。いやぁ神席でした…後ろ姿にあんなに萌えられるものなのですね。。

いつだったか忘れたけどたぶんここら辺の曲で、亀梨さんがバクステでターンしたとき、汗がパッて四方に飛び散ったのが超美しかった…。汗浴びたいと初めて思った(やはり変態)。
照明に照らされた汗ってなんであんなに素晴らしく美しいのですかね…。
でも中丸さんなんで汗かかないのロボットなの?(私が見たタイミングなのか角度なのか、ほんとに全然汗かいてたイメージがない…)


15.Will Be All Right

 

MCの前だったとは思うんだけど、これも曲覚えてないんだけど、亀梨さんがフロート(?というのですか?)で高く上ってったときに、斜め下くらい見て“知り合い見つけて、おお(エアーハイタッチみたいな感じで手上げてよってやる)”風の笑顔でファンサしたの(本当に知り合いいたかは知らん)、超ときめいたな~~。ふわって笑ったの、ふわって。あーーあの表情ほんま好きだな~。笑顔素晴らしい…素敵だった。。


<MC>
詳しくは他の方のレポ読もう…今回もKAT-TUNは可愛かったです。

いちばん印象強かったのが、中丸さんを2人がいじるくだりがあった後、たまたま普通に話してる時に眼鏡の下の汗を拭う画がドアップで映し出されてファンが笑った時の帝王の一言、
「ファンがやるのは許さない」(ニュアンスなので言葉は違うかもですが)
なんですかそれメンバー愛が過ぎる…。メンバーはいいんだね…(´∀`)でもファンは「それは違うよ?許さないからね?」って……すみませんでした帝王様…、って思いながら激しく萌えた。。。

細かいニュアンスは忘れたけど、全体的にこれが爺孫か…!!って思った場面が多くて、萌案件すぎた。
最後の亀梨さん上田さん2人の「おじーちゃん、ごめんなさい!」(5歳児)も可愛すぎました。

あとMCやバラエティ等で必ず(?)挟み込んでくる中丸さんの「メンバー減ったとか思わなくていいよ!」はもはや一発芸ですよね。メレンゲの「人数編成がコロコロ変わる」といい、中丸さんの人数減ったネタの精度がどんどん上がっている(笑)


<カトゥネット高丸>

 

 16.ハルカナ約束

一気に高校時代に、青春に、引き戻される曲。何度聴いてもテンション上がるなー!

 

17.RESCUE

18.LIPS
19.YOU

 

20.White X'mas
たぶんこの曲かな、雪を模したような紙(とその時は思ったけど終演後拾ったところによると羽だった)が空に舞って、それに光が当たってキラキラ輝いてて、とても美しい光景でした。上に3人がいて、その周りがキラキラしてて、美しい以外の感情が入る余地がなかった。神々しかったな。


<HBB>
仏仏加湿器、今回加湿器少なめだった気がした…(気のせいかも)
というかその前の台詞とかも変えてくるのね!?毎回変えてくるのね!!!!と思って、個人的には前回の「どっち向きから帰ろうか、前髪がこっち分けだからこっちか?」のくだりが大変好きだったのでそれがなかったしょぼん、と。(笑) でも「グリ○」「グ○コ」「○リコ」でグリコポーズいろんなとこ向いてやってたの可愛い面白かった(笑)

 

<中丸クリニック>
21.Love yourself
※終演後思いのままにメモった原文ママで載せてみます※
名古屋に引き続き、ドラキュラコーナー可愛すぎかよぉぉぉぉ!「はっぱおばけ!」連呼しちゃって、かずくん♡出すぎだからぁぁぁ早く亀梨さんに戻って、溶ける!!!
終わりの言葉「いじょう、かめなしかずやのショートコントでした!」って声が暗転の中聞こえるとこまで含め可愛すぎた可愛いのバーゲンセールすぎた溶けた。安売りもえーとこ…供給過多でこちらの心キャパオーバーです。
いやほんとショートコント可愛すぎたよ(2回言う)。関西弁だったしな…貴重な関西弁お願いだから円盤化して…。終始にこにこ爺孫もーーー!!
あっあと、ぶりっこ可愛いポーズ亀梨さん→中丸さんも真似してやるけどいつもやらないからカメラが寄ってくれなくてぷんすかする、の一連(最後にも繋がるこの流れ)も、ほんま最高かよ過ぎたのでお願いだから映像にならんだろうか………。
関係ないけど亀梨さんの関西弁は大阪よりは京都って感じでしたね。和も似合うしはんなりも似合う。美人系のイケメンなんだよな。

いや本当MCとソロコーナーとTEN-G、全公演円盤化しませんかねぇ…お願い…いっぱいお金払うしステマもするからお願い…。


22.CHANGE UR WORLD
上田さんが投げた手榴弾の先の火薬(?)が割と近いところで爆発して、その音に単純にビビった。あんな音周りでドンパチさせながら歌って踊るKAT-TUN何者。

 

23.STAR RIDER
中丸さんのレーザーかっこよかったー!ファ――(゚∀゚)――!!(どうした)

 

24.Going!

25.不滅のスクラム

26.RUN FOR YOU

 

27.TEN-G (サイン入りポスター抽選) (アラーム録音)
上田さんアラームやっぱり怒鳴り声、でも私はそれに萌える変態なのでした。(誰)
「ほら起きろって、朝ごはん作ったよ…掃除もして、お前が起きたら準備万端だよ…ほら起きろって……起きろってぇ………たこ焼き冷めるだろぉがぁぉぁぉぉぁ!!!!!」(よく考えたら朝からたこ焼きってまぁまぁヘビーである)(大阪だからね)

亀梨さん安定の「先いっちゃうよ♡」、この人は本当…セクシーなのキュートなのどっちも好きです!!!!!!

みんななんか本当に起こすみたいにしゃがむのいいよね…。キスマイBUSAIKU!?さん呼んでくれないかな…明日朝起きたらもう派閥にまつわるいざこざなくなってたりしないの……。キングそっちのけで断トツ1位とっちゃう亀梨さんとか一部マニアック受けのドS不器用系で残念ながら下位になっちゃう上田さんとかしれっと爆モテかまして3位につける中丸さんとか見たいよ~~「AVの導入部分ってかむしろ本編」とか言われる亀梨さんくれよ~~!!!


28.RAY
29.Dead or Alive
30.BOUNCE GIRL

 

31.4U
みんなで

街中に溢れてる 飾られた夢より
絶え間ない優しさ 希望をくれた キミへ
有り触れたコトバより 消えないこの想いを
世界の中心から 贈りたいんだ MY DEAR SWEET GIRL

を合唱するの、個人的にすごく好きで幸せな時間だった。

前回KAT-TUNのライブに初めて行って、その時に思ったいいところのひとつに「ファンが踊るために作られたフリが比較的少ないから新規でも引け目なく楽しめる」ってのがあって。“ファンも一緒に踊ろうぜ!”っていう曲って、覚えて踊れると超楽しいんだけど、覚えてなくて周りでひとり踊れなかったりすると勝手に自己嫌悪とかになってしまうことがあるので(そう思いたくなければ振り覚えていけばいい話なので、そういう曲が多いと悪いとかではなくファン側の心持ちの問題だと思ってる)、その点においてKAT-TUNは、まぁファンもメンバーに似るのか割とみんな「我が道を行く」タイプというか、最低限のマナー守れば踊るも声出すも眺めるも好きにしようぜ楽しもうぜ!!っていう雰囲気に感じていて、Real Faceで一緒にギリギリできてPeaceful daysでKAT-TUN言えたらとりあえずOK的な…(笑) だから初めてでもあんなに楽しかったのかなぁと。

そんな中でこの「ファンだけで歌う」部分は(実際のところ衣装替えに必要な時間だったんだろうけど)、参加したい気持ちも満足させてくれるし、ドームがすごく愛に溢れた空間!ってなるような気がして、すごく好きな部分だったなぁ。(正直私この曲知らなかったんですが、なんとなくでも歌えるのに綺麗なメロディーだし歌詞もとても素敵ですよね)

 

32.TRAGEDY
33.UNLOCK
これで終わっちゃうのかなぁみたいなしんみりした空気にさせといてドッカーーン!はいKAT-TUN!まさにKAT-TUN!!!!!やっぱり激しいのがKAT-TUNっぽい!いい!最高だ!!!!!山猫サングラスかめにゃん格好良い♡♡♡(テンション高)

 

34.PRECIOUS ONE
純白のピアノ登場…!
ピアノの音色と、ボイスパーカッションと、歌声、3人だけで作り上げていく感じがとてもいい。


~アンコール~
35.GREATEST JOURNEY
36.喜びの歌
37.Keep the faith

 

38.Peacefuldays
生きててよかったー!って思う瞬間(笑)楽しさの極み(笑)

 

39.君のユメ ぼくのユメ
亀梨さんが曲中、かみしめるようにファンを見てる姿が好きだ。ただじっくりファンを見てた。
「自分(たち)にはこれだけの、これ以上のファンがいてくれるんだ」ってかみしめてる表情に見えた。アリーナ見て、スタンドも上下見て。
その後「どこまでも」が歌えてなくって、すごく切なげな表情してたけど、何か思うところがあったのかな。


上田さん挨拶
「僕らはグループがいちばんです」「一緒に戦ってください」「出航だと言わせてください」
この人は本当にファンが欲しい言葉を、嬉しい言葉をくれる人だなと思った。
「あんまり待たせると黄色い声出なくなっちゃうからね」ってはにかんだ、このはにかみが本当「はにかみ」という言葉の辞書に乗せたいくらいの完璧なはにかみでときめきすぎた可愛すぎた。照明が綺麗に当たっててさぁーーーー!!ありがとうございます!!!!!!!!


中丸さん挨拶
「充電期間に入って、コミュニティが薄れるのが心配」と。中丸さん、もとい帝王様が「ジャニーズウェブだったり会報とかで伝えていけたら」と仰るので、はい入りまーすファンクラブ入りまーーーす入らせていただきまーーーす!!ってこの時入会を決断しました(先日振込してきました)。安心してくれ、我々はいつでもネットコミュニティでスタンバイしております!(違)


亀梨さん挨拶
「この決断にいろんな意見があると思いますけど」、同じようなことを名古屋でも言っていた気がする。そんなに反対されたりしたのかなって不安がよぎるけれど、私たちは信じるしかできないもんなぁ。強い心!諦めない気持ち!
KAT-TUNを好きな自分でいたい、それが崩れそうな時支えてくれたのはファンのみんな」、私はその支えにはなれなかったけど、もしこれから支えが必要になったら、少しだけでも力になれるようになりたいです。でも、背負わなくていいよ、って。勝手についていくよちゃんとついていくよ…。って思いました…。


根拠なんて持ちようがないんだけど、
不安なのは、さみしいのは、悔しいのは、残念なのは、前を向きたいのは、でも忘れたくないのは、、彼らも一緒なんだなと今更ながら思った。
充電することを決めて不安なのは、きっと彼らも同じなんだろうな。

待ってるから安心して充電して、って、どうしたら伝わるのかな。背負わなくていいよ、って、どうしたら伝えられるんだろう。
それでも背負っちゃうのがKAT-TUNなんだろうな。強いんだか怖がりなんだか。

そんなことばかり考えていた。幸せになってほしいって、こんなに思える人たちもいない。


~Wアンコ~
40.BRAND NEW STAGE


最後の最後、亀梨さん息吹きかけタイプじゃない投げチューして帰ってった!!!うわァ(胸キュン)!と思ってたら、中丸さんもやった!!!!レア!!!!!!
上田さんの「またなー!」男が惚れるかっこよさ、清々しい笑顔だった。「またな」って言ってくれてありがとう。私の参加ライブはここがひとまず最後だったので、またな、本当に嬉しかった。
ちなみにですが亀梨さんの投げチューは「ん~~~まっ♡」、中丸さんは「ん~~~~~むっ」って感じでした。帝王様のレアチューへの大歓声に「気持ちいぃーっ!」ってご満悦で帰っていかれたのでよかったです。

 

 

…ここまで6,000文字だってばよ。長くなりすぎたので、全体の雑感~思ったことは次の記事にしますね…。読んでくださった方いましたらありがとうございますお疲れ様でした。