久しぶりに

3ヶ月ぶりに更新してみます。

とはいえ、下書きに、ものすごくたくさん、いろんなものの感想やら何やらを書いては保存し、公開せず、たまっています。

 

それはひとまず置いといて、ちょっとだけ、暗いかもしれない話をします。

 

先日、遠方の友達と連絡がとれなくて心配したことがあった。ここで話題に出すのは不謹慎かもしれないが、丁度、雨宮まみさんの訃報が発表された頃合いだった。人が突然いなくなることをいつもより現実感を持って考えてしまって、友達の身に何か起こっていたら私はどうするんだろうか、今こんな遠く離れた地で何が出来るだろうかと真剣に考えた。

結局その友達は体調が悪くて連絡が返せなかったとのことで、ひとまず連絡がついたので、体調が悪いのは良いことではないけど、とりあえず、よかった。

 

高校の時、同じ学年の子が、事故で亡くなったことがあった。その子のことをよくは知らなくて、単に○○部の子、くらいの認識だった。

たまたま亡くなる前日に、下校時間が重なって、下駄箱でその子がペットボトルをゴミ箱に放る姿を見ていた。次の日の登校中に訃報を聞いて、半信半疑で学校に着いたら、まだ昨日のペットボトルがゴミ箱に昨日のままの状態であった。

こんなにも、今この世界は昨日の続きのままなのに、あの子はもういないなんて、まだ信じられないけどでも、人の命ってなんて儚いんだろう、というようなことを思った。高校生の私には、こんな風に言葉にできなかったと思うけど、でもどうしようもなく切なくなったのは覚えている。ペットボトルを放った背中と誰よりも早く着ていた夏服の姿をなんとなく今も忘れていない。

その時の全校朝礼で校長先生が苦々しげに言った、「親より早く死ぬな」は、ある種人生のテーマみたいになっている。

 

私はずっと、余命を宣告される死に方がしたいと思っている。でも、宣告された余命があまりに短かったら、絶望的な思いをして、悲しんだり、苦しんだりするのだろうか。

突然死ぬことが怖いんだけど、死んでしまえば感情もなにもないわけだし、恥ずかしいこともないのかしら。

 

話が逸れてしまった。

何がいいたかった、ということでもなかったので、中途半端な終わり方になってしまうのだけど、最近こんなことがあって、死についてちょっとだけ考えてしまったよ、という話でした。

 

次は舞台とかの感想書く…!(これずっと言ってるやつ)