ゆめをたべてく

いろんな好きを掛け持ちする飽き性 ★夜空から記事移行中

逃げるように新しい「好き」を探している

のかなぁ、とふと思ったりする。

 

私は昔から「何かひとつだけをずっと好き」でいられない。

この瞬間はこれがいちばんすき、この時期はこれにハマってる、……でもその熱量が、全然続かない。

一応すきなもの最上位を「担当」とするなら、それを置いている関ジャニ∞を「好き」と認識したのは高校生だったから、もう10年以上になるけれど、その10年の間、まったくもって一筋ではなかった。

嵐ブームのときも、KinKiブームのときも、キスマイが、Hey! Say! 7が、JUMPが、WESTちゃんが、「やばいめっちゃすき」な時もあったし、充電期間直前にKAT-TUNに落ちたりして、

でもジャニーズだけにとどまらず、西島秀俊だったり、福山雅治だったり、水嶋ヒロだったり、向井理だったり、田中圭だったり、竹内涼真だったり、

はたまたbacknumberだったり斉藤和義だったり、BUMP OF CHICKENaiko中島美嘉や、

かと思えばStarSが素敵だの、コナンを全話見始めたり、AKBの握手会に行ってみたり、

とにかく各方面にいろんなものを好きになるので自分で自分がわからない。

テレビドラマも大好きだし、小説も漫画も好きで、ひとりの作家さんの本を読みあさったり、昔のドラマをやたら見返してたりもする。

 

ただどんなものを好きになるときも、たぶん、「好きになり始め」っていちばん楽しい。

知らなかった魅力を発見して、過去を知って、未来を予想して。

ある程度好きになってしまえば、慣れも文句も出てきてしまう。生活の中で存在し続けるほど、盲目ではいられなくなる。

 

新しい「好き」はいつも楽しいんだけど、時々、ずっとずっと応援してて、「支えて」いるファンの方を見ると、自分ってなんなんだろう…って思ったりもする。

ほんとはただ好きでいるだけでいいのになぁ、、何を自分に課してるんだろう。

 

 

最近、ずっと好きだった関ジャニ∞に、イラッとすることが多い。これは私は好きくないなぁ、って思うことが多い。

変わったのは彼らか、それとも私なのか。

 

自分のことなのにわからない。

好きでいるかどうかなんて自由なのに何を迷っているんだろう。

 

エイトに限ったことでなくていいけど、何かのファンをやっててこういう気持ちになったことある人っているのかなぁ。

好きでいたいのに、、って悩むって変なのかな〜。

いつか解決する時がくるのかなぁ。

 

はい、またまた深夜のとりとめのないつぶやきでした。

11/26、丸山さん、大野さん、お誕生日おめでとうございます。

それでは。