ゆめをたべてく

いろんな好きを掛け持ちする飽き性 ★夜空から記事移行中

アルバム『Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/O』

Hey! Say! JUMPのことはデビュー当時からなんとなく知ってたしドラマとかは観てたけどそんなに追ってはいない雑食おたくがベストアルバム『Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/O』の感想を書いてみました。長文。

※☆はこのアルバムではじめてちゃんと聴いたかも!って曲。これまであんまり認識してなかった曲です。

 

DISC1

01.Ultra Music Power
最近唐突に「ジャンピントゥマイドリーーーム!」って頭の中に流れるようになって、それでこのアルバム借りにいった。
記念すべきデビュー曲。耳に残る曲、、知念くんの高音がなかなか離れなくて、デビュー曲として、掴みとして素晴らしいなと今改めて。当時は『NEWSニッポン』と雰囲気似てるなぁと思っていた。
ただイントロの「ラララ~~ J・U・M・P」の流れでうわぁ~~!って気分盛り上がってきて、一度サビにバーッと行きたいのにAメロ入っちゃうの毎回ずっこける。構成!

02.Dreams come true 
夢みましょ♪可愛い。

03.Your Seed ☆
早口言葉…?
突然のチャイナ風メロディ…と思ったら映画のイメージソングでした。なるほど。

04.冒険ライダー ☆
さすらーいだー♪
声なのか音程によるものなのか不明だけど、なんとなくみんな「声変わり中」っぽい声だなぁという感想。

05.真夜中のシャドーボーイ
「シャドー…」といかに格好つけて言えるか選手権。
ジャニーズにはこれからも定期的に、こういう、冷静に見ると「何言ってんだ…?」みたいなトンチキ楽曲を大真面目に歌っていってほしい。
楽曲の雰囲気が好みなので、大人になったじゃんぷちゃんたちに改めてがっつり歌って踊ってほしかったりする。

06.瞳のスクリーン
愛之助様ぁぁぁあああ!(笑)
おじゃんぷちゃん手をちらちらひらひらさせがち(スパデリとかカモナとか)だけど、その最初がこれかなぁとか。
どうしても踊りたく…というか指のアレしたくなる。車運転中に曲聴くことが多いから、ひとりでちらちらしている。
楽曲の雰囲気が好みなので、大人になったじゃんぷちゃんたちに改めて(以下略

07.「ありがとう」〜世界のどこにいても〜
歌詞が謎。ジャニーズトンチキワールド~!(好き)
「ありがとう」をタイトルに掲げてこんな暗い(短調というか)曲、聞いたことない…w

08.OVER
「ピンチはチャンスなんだ」と言いながらメロディーが暗い…そのピンチ、やっぱりピンチっぽい!けど、仲間思いのとてもいい歌詞。森本く~~ん!!!(泣)

09.Magic Power
リリース当時すごく好きで通勤中にずっと聴いてたので、この曲聴くとその会社の通勤風景を思い出す。
底抜けに明るくって楽しくって可愛くって好き。いろいろ複雑だった時期なのかもしれないけど、そういうことを一瞬忘れさせてくれそうな明るさがいい。
あとこの曲でいのちゃんの名前と顔をちゃんと認識したんだけれど、というのも、何の気なしに見てた歌番組で他はそこそこカメラに抜かれてるのにいのちゃんだけサビが終わってからやっと1ショットがあって、「え、この子この曲で今初めて映ったよな!?ちょ、こんなに映らんってことある!?逆に誰!!」と思って調べたという(笑) 映らなすぎて逆に気になることもある。

10.SUPER DELICATE
サビ「君にしか見せられない顔がある」しか言ってない…こともないんだけど(笑)、ダンス含めてここのインパクトが強すぎる!
でもこういう雰囲気好きなんですよ私。『瞳~』とか『真夜中~』と同じ枠。
この当時まだ中島くんはその長い手足を持て余してうまく扱えてない感があって、ダンスがぎこちない感じに見えてたんだけど、比べて山田くんはそういう踊る時の見せ方がうまいなぁと思った記憶がある。この単調な謎の動きも格好よく見えてしまう山田くん、伊達にセンター飾ってないな…と思った。でもゆうとりんはどう転んでも顔面がとても好きなのでオールオッケーです。
そして当時全然知らなかったんですけど、この頃ってやまゆと仲悪かった頃です????そう思って聴くとなんかいろいろ考えてしまいそう、、2人が近づくところ好きだけど当時は複雑だったのかなぁとか。。勝手にいろいろ考えたいだけです、深読みはおたくの悪い癖みたいなもんだから~!

11.Come On A My House
わたし、この曲もっと最近の曲だと思ってた…!!!!!
アルバムの並び見て、これここに来るの!???!?!?!?!ってめっちゃ驚いた。
この曲でJUMPの強みのひとつにフォーメーションダンスなるものが確立された印象がある。歌詞はよくわからん、comeしてほしいのは君なのか彼なのか?(笑) でもそんなことお構いなしに楽しい。知念くんの歌!ピンク色!というイメージ。動きパタパタが可愛い。天使ダンス。このダンス覚えたいな~と思いつつずっとうろ覚えのままパタパタしてる。JUMP!JUMP!

12.Ride With Me ☆
聴いたことあるようなないような…と思ったら金田一の主題歌だった。なるほど。
ニューーーース!

 

DISC2
01.AinoArika ☆
なんかアルバムで聴いたことあるような気がするぞ…お前シングルだったのか……!終わりがけのダッダッダンってなんか格好いいな!

02.愛すればもっとハッピーライフ ☆
ファンサ・トロッコ・外周曲やなこれ(純粋な心を失ったおとなの感想)。
キラキラ笑顔で手を振っているメンバーが見える…!

 03.ウィークエンダー
私の中のHey! Say! Jump楽曲大賞、ぶっちぎりでキミがNo.1~!!!!!
ウィークエンダーについて書きたくてこの記事書いたようなもん。大好き。イントロからテンションあがる、ダンスも楽しいし格好いい。しっとりするところと、ハジけるところの緩急がいい。サビでどんどん音の階段を駆け上がっていく感じがもう最高に気持ちいい。
そして歌詞が土曜夜に放送されていたドラマ『金田一少年の事件簿N(neo)』との相性抜群。ちりばめられた「ミステリー」「謎」「クエスチョン」「迷宮」等のワードと「土曜」というキーワードが見事にハマった感じ。最高。
とにかく好き、ウィークエンダ―がほんとに好き~!!好きすぎて記憶が更新されないから3年前の曲って知って今超驚いてる。考えたらそれくらい前なんだけど私の中では全然色褪せずに大好き。
有岡くんが最後ひとりでラップ頑張ってるのもすごい好きで、なんとなくこの曲はありおかくんの曲だな~って思うんだけど、最後の最後「君にやっとたどり着いたスウィートアンサー」が美声すぎてやっぱり山田くんに落ちる。毎回おちる。何度聴いてもこの美声に勝てない…!

04.明日へのYELL
ウィークエンダ―からの明日へのYELLって流れが最高。イントロがとてもよい。
歌詞もすごい良い。この曲はゆうとりんの曲だよねぇ、水球ヤンキース。金髪(明るい髪色)で眉毛黒いのあんま好きじゃないんだけどゆうとりんならなぜか許せる。顔面の勝利。

05.Chau#
これはとっても「いのちゃんの曲」って印象。伊野尾元年の伊野尾楽曲。ゆるふわ。可愛い。
曲も歌詞もなにもかも、歌ってるのが全員成人男性とは思えぬ可愛さ。グループの強みのひとつ「可愛さ」をこれでもかと全面に押し出してきたような曲。Hey! Say! JUMPにしか歌えねぇ…。そしてその中心にいのちゃん……Magic Powerを思い返すとなんとも感慨深い…。

06.我 I Need You
ホストかな?ホストクラブ開店すんのかな????
彼らに貢いでこれ歌ってもらってシャンパン片手に「いいですよー♡」って言う人生もありだね…(?)

07.キミアトラクション
「キミがNo.1」で有名な曲。最後の山田パート、じわじわじらされてじらされてからの「キミが、No.1♡」、毎回山田様~~~!!!ってなる。あの展開で言われたら誰でもときめくと思うけど、さすが絶対エース、裏切らない…。奉られて持ち上げられての状況で裏切らない…山田様強し……。
あとこれ、他のグループだったら「キミがNo.1」をどう言うか妄想がはかどりまくって楽しい曲。
ざっと考えてみただけでも、エイトなら亮ちゃん→普通に言って笑っただけで大歓声、マル→ちょける、ヒナ→真顔、すばるさん→その日の気分でいろいろ(違うことも言う)、ヤス→ふんわりはにかみながら、倉→照れた感じ(確信犯。歓声は狙い通り)、ヨコ→クールver.は言い終わりにフッと笑う感じ、可愛こぶりっこして言う日もある、いろいろ。……って感じやろなとか、中島ケンティー先輩は絶対投げキスするやろなとか、KAT-TUN先輩はもはや「お前がNo.1」(亀)「あなたがNo.1ですぅ」(中丸)「お前がNo.1だ~!」(上田)とかって歌詞変えてそうだなとか。キスマイ先輩はみんなそれぞれ可愛い感じになりそう。全グループそれぞれでこの曲歌ってほしい。

08.真剣SUNSHINE
「お前が好きだ!バカみたいに好きだ!」言われてぇ~!(笑) まっすぐな爽快さがいい。何も考えずに海でガンガン流したい。
あと、快晴の浜辺でパリピチャラモードのキスマイに歌ってほしい楽曲選手権があったらこれがNo.1です。「Cha Cha Cha」のとこで北ニカあたりがエアギターしてるに違いない。

09.Fantastic Time
曲を聴いているだけでも「9人」であることが映える曲。音や声が幾重にも重なって、その重なりが生み出す層を読み解いていきたくなる感じ。格好いい。
曲だけでも、と言ったけれど、フォーメーションダンスがばっちりハマりそうな曲だから映像でも見たい。
他グループとシャッフルするなら、嵐に全身黒の衣装でガンガンに踊りながら歌ってほしい。じゃんぷが歌ってても一瞬櫻井さんのラップの声みたいに聞こえることがある。嵐の貫禄と迫力を見せつけてくれそう。

10.Give Me Love
カインとアベル~!優~~!!!!
イントロ、というかあえて“オープニング”と呼びたくなる荘厳で壮大な始まりがとても好き。
こんな厳かで落ち着いた大人っぽい楽曲をじゃんぷが歌う歳になったのね…と謎の感慨深さを覚えた曲。
メロディーも鳴ってる音も歌ってる声も美しくって、冬の夜に聴きたい&口ずさみたくなるような曲。教会とかで静かに聴きたい。完全にドラマのイメージに引っ張られている(笑)

11.OVER THE TOP ☆
おぉ、格好いい、なんか格好いい曲だ…!嵐の『Believe』っぽい疾走感!こういう曲歌いだしたら売れたってことだよ!(私調べ)

12.I/O ※新曲
歌詞~!!!!!!!こういうの好き…カウントがちゃんと10から始まってるのよき…。
短調なメロディーの中にも力強さがある。色でいうと濃いグレーみたいなイメージで、こうシャープな自立した大人の男の格好よさ。
幼くてお互いに頼らずにはいられなかった子供が成長して、それぞれが仲間を支えられるようになったよ感!なんとなくだけど。周年にこれまでを振り返る楽曲はよくあるけど、JUMPはこう来たか…!って感じ。これからが楽しみだなぁ。

13.H.our Time ※新曲
周年記念のファン感謝曲~!!嵐で言う『5×10』、NEWSで言う『愛言葉』ですねわかります、ファンが感動するやつ、ありがとうございます。
こういう曲で「ありがとう」って言われると、こちらこそ~!ってなる。むしろこちらこそ~!生まれてきてくれてアイドルしてくれてありがとう~!!!です。
ベストアルバム『Ultra Music Power』から順に聴いてくと、この曲の声の大人っぽさに「あぁ10年経ったんだなぁ…」って思って、さしてこの10年を追いかけてきたわけでもない私でもグッとくるものがあったよ…。ずっと見てきたファンは嬉しいだろうなぁ…。

 

 

改めまして、いろいろある世界で、こうして10周年の節目を迎えられたこと、本当におめでたい。メンバー様、ファンの方々、おめでとうございます。
少年から青年へと、ここに来るまでの成長(変化)が大きくて振り返り甲斐があるのは若くしてデビューした組の楽しみですねぇ。。(確立されてデビューするのもそれはそれで良さやドラマがあると思っています)

野ブタ」あたりでゆうとりんを知って、「探偵学園Q」で山田くんを知って、Hey! Say! 7に一時的にドハマりして「昭和でShowは無理!」にツッコミながら『Hey! Say!』を聴きまくっていたころが懐かしい。探Qも死ぬほどリピっていた。。(なんなら最近もまた観ている。今観ると神木志田のバケモノ子役に挟まれながらがんばってリュウ様を演じてるのがすごくかわいい、、今初めて推しを産みたいという感情を理解している…笑)こうして思い出してみると、ほんとにみんな格好よく、そして大人になったな~~!!!ありきたりな感想~!

これ以上担当や推しを増やすと破産への道一択の人生になりそうなので深追いはしないつもりですが、今後もゆるく楽しく、応援していきたいなぁと思います。見守っていきたいなぁというか。半分母親気分。

 

ハイ、いつも終わり方がわからない!(笑)

以上感想でした! ありがとうございました。それでは。