ゆめをたべてく

いろんな好きを掛け持ちする飽き性

5/5『Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2018 Yummy!! you&me』

Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2018 Yummy!! you&me』5/5(土)ナゴヤドーム

ご縁あって参加してきました~!初キスマイ!

f:id:lacht:20180506190542j:image

セットリスト(あちこちから情報拾って表記統一したもの)

  OP映像
01.Tell me why
02.Crystal Sky
03.Super Tasty!
04.PICK IT UP
05.I Scream Night
06.AAO
07.Kis-My-Calling!
08.Invitation
09.Break The Chains
10.FREEZE
11.蜃気楼
12.Flamingo
13.HOT!×2
14.Thank youじゃん!
 MC
15.友+情を、くっつけて
 Travis Japan紹介~『Lock Lock』(Travis Japan)
16.Mr.Star Light(障害物レース)
17.We are キスマイ!
18.ZERO(北山・藤ヶ谷・玉森)
19.Toxxxic(藤ヶ谷ソロ)
20.Touch(藤ヶ谷・玉森)
21.Clap-A-Holics(玉森ソロ)
22.優しい雨(北山ソロ)
23.カ・ク・シ・ゴ・ト(北山ソロ)
24.REAL ME(北山・藤ヶ谷)
25.ぶっさっさー(舞祭組)
26.赤い果実
27.Let it BURN!
28.Kiss魂
29.Tonight
30.今はまだ遠く果てしない夢を
 挨拶
31.HOME
 ED映像~クレジット


 アンコール
34.Everybody Go
35.セルフィー
36.SHE! HER! HER!

 

 

感想の前に軽く自己紹介~キスマイと私~
FC入会済は関ジャニ∞錦戸さんおよびKAT-TUN亀梨さん。
キスマイに関しては、JourneyまでのライブDVD(Blu-ray)は所持。WORLDは買ったけど見てない。アルバムはレンタルか購入で全て把握済、シングルは購入なし。2011年に自分が社会人になったタイミングとキスマイデビューがほぼ同じで、新卒就活戦争に敗れた私はこの頃ほんとによく彼らの深夜番組を観ていた。キスマイは心の同期。彼らが頑張ってると応援したくなる。
グループの中で特に誰が好きというのはないが、藤北と宮玉のコンビはいろいろと胸アツ案件。ひとり頑張って選ぶなら藤ヶ谷さん(悔しいが惹かれてしまう…)、ただ顔だけで選ぶなら北山さんか千賀さん。宮田さんは同学年ということも手伝って何かと気になる存在。

 

…ということで、以下初めてのキスマイ参戦感想です。ネタバレ含みますのでご注意を。超絶長い。

 


★OP映像(Yummy)
ポップで可愛い。オシャレ。藤玉の歓声がすごい。他が少ないというわけでもないのに藤玉の歓声はやっぱりすごい。

01.Tell me why
藤ヶ谷さんの「Ah~~~」みたいなアレが格好よかった。初っ端からTHE藤ヶ谷太輔
しっとりめの曲で始まったのなんかKAT-TUNかよ!って思った。流行ってんのかな?

★ジャケット(?)脱ぐ・柄いっぱい
豪勢な衣装を1曲のみに使う贅沢さよ…!
脱いだ後の衣装でジャケットの背中にそれぞれのキャラクターみたいなのが英語で書いてあったんだと思うけど、藤ヶ谷さんの「Sexy King」しか読み取れなかった。Sexy King…(笑)

02.Crystal Sky
03.Super Tasty!
これポテトとかのセットのやつかな?
ドアが開かなくて一生懸命開けようとする藤ヶ谷さんが可愛かった。最初そういう設定なのかと思ったけど藤ヶ谷さんの本気っぷり+やっと開いた時の北山さんの顔でおそらくトラブルだと察し。MCでこの件についてトークあり。「いつもクールキャラで売ってるから焦ったよ」「最初いじられてんのかと思った」(ニュアンス)
ポテトの中からにゅいーんって出てくる玉森さん可愛かった。

04.PICK IT UP
曲が好き。曲めっちゃ好きなのに全然記憶がない。映像が骨だったのは覚えている。あ、バクステで踊ってたのかな。

(★ここらへんのどこかで衣装替えに行ったキスマイの楽屋の様子、みたいに作ってある映像と衣装替えがあった)

05.I Scream Night
06.AAO
アルバム『I Scream』を購入したのになぜかPCに落とし込んでなくて事前に聴きこめなかったのが悔やまれる。

07.Kis-My-Calling!
『We are キスマイ!』に出番を奪われたものとばかり思っていたら登場してくれたので嬉しかった。かみがみが~♪の振りを次までにキチンと覚えようと思った(が次があるかはお互いにわからない)。

08.Invitation
歌詞的にてっきり冒頭かアンコール最初とかにやるのかと思っていた。というか今回のアルバム、アルバムそのままでセトリっぽいよね。

★衣装替え(黒)
09.Break The Chains
なんか最新機器!?登場でわくわくした。動く歩道の斜めバージョン。練習大変だったろうな~とか、あの角度ついた状態で踊るのって想像してるより難しいんだろうな~と思った…。その都度人がボタン押したりして動かしてるのか自動プログラムなのかわからないけど、どちらにせよスタッフや機械とのタイミング命な演出で、失敗が許されない感漂ってて、ヒヤヒヤしたけどそのギリギリ感嫌いじゃない(KAT-TUN担の悪いところ)。

10.FREEZE
全体的に赤色の光の中にずっと水色の炎出てて、なんで赤じゃないんだろうと思ってたけどフリーズだから氷と炎を表してたんだねたぶん(今歌詞見たら歌詞中に「蒼い炎」ってあったのね!)。「熱くさせるこの瞬間をFREEZE」で赤色をって演出考えた人のセンスがとても好きだわ。これは正面の映像とのコラボ感?がすごくよくて、最後のパリーン!のところとか上から全部見られてよかった。

11.蜃気楼
椅子!十字の回転するセンステ!!なんかすごいぞ!!
十字の先で踊ってる人たち、椅子もあったから足を置く幅が狭くてあんなギリギリのところで踊ってるのすごいな~と思いながら見てた。背もたれを踏んで椅子を倒す演出は危なっかしくてヒヤッとした。お客さんも歓声というか悲鳴。最後倒れた椅子を少し起こす動き、椅子を女性に見立てて軽く抱き起してキスするみたいな感じですんごくセクシーでよかった…椅子、グッジョブ…。

12.Flamingo
マイクスタンドに透明の曲がった筒みたいのついててそれがフラミンゴ!これ個人的にすごく好きでした…。フラミンゴが透明でいろんな色に変わったり、煙が入って濁ったり、いろんな技術を見た気がした。好き…。
あとフラミンゴスタンドの中に手を通したりその淵をなでる振りみたいなのがちょこちょこあったんだが、何かを「撫でる」ってえろいよね…。(笑) 位置的に宮田さんと藤ヶ谷さんを双眼鏡で見てたんだけど、2人ともよかった…藤ヶ谷さんは言わずもがな、宮田さんも相当格好よかったぞ……。この曲と振付、一生見ていたかった…。

13.HOT!×2
14.Thank youじゃん!
外周だった?ファンサ曲だった?(記憶がない、の意)『Thank youじゃん!』はいつ何時聴いても可愛いですね。

☆MC
MC…長くね!?(笑) なんていうかアレ、エイトその他で鍛えられてっから(?)、グダグダ楽しい時間は好きなんだけど全体通してツッコミ役がいなくて焦る…宮田のボケ(なのか素なのか)で空気が止まる瞬間が多々ある…誰かツッコんであげて…ちゃんとオトシて…キスマイはオチがないんだ……や、まぁなくてもいいんだけど…アイドルだし…。
以下記憶にあるとこ。
・突然MCを替わろうとする北山さん。
・横尾さんがなんかずっとケラケラしてた。ノリノリで歌っていた。
・宮玉は需要と供給がうまく成り立っている。
・クリアファイルでいじられる二階堂さん。後ろに名前書いてあるの気付かず自分の設定で二階堂さんのクリアファイルでボケる藤ヶ谷さん天使。
・Mステネタでいじられ倒す千賀さん。次からどうなるのかレポ楽しみすぎるやつ。この件の再現でモノマネがウケるかどうか心配で「えーどーしよー!」って言う藤ヶ谷さん超女子大生だった。可愛こぶるし実際可愛い女子大生。たいぴー。
・北山さんがタオルをおなかのところに挟んでてふんどしみたいになってて面白かった。

15.友+情を、くっつけて
ここらへんもKAT-TUNか!?って思った。MC後に座ったままゆったりめの曲聴くのも流行りなのかな?
過去写真はもれなくオタクが好きなやつ。終わった後で宮田さんが「みんなから持ち寄ってもらったからプライベートのやつだよ!」って言ってて驚いたけど普通に会報のやつだったらしい(笑)

Travis Japan紹介~『Lock Lock』(Travis Japan)
Rockだと思っていたらLockだったらしい曲。施錠の方。
曲始まった初めからダンスのレベルがとんでもなく高くてびっくりした。たぶん曲も良かった。千賀さんが振付したらしいけれどあのフォーメーションと踊りと、めっちゃ格好いいやん千賀さんすげぇやん……。いやこれはまじですごかった。みなさんジャンプの打点(?なんていうの?飛んだ高さ)が高いのよ…かつ、上から見てる限りみんな結構高さ揃ってんの。かかと後ろにしたジャンプで膝の高さ揃ってんの超格好いい。ひとりイヤモニ途中で外れてたんだけどダンス続けながらしかるべきタイミングで直してフェイクだったかソロパートだったかに入ったのめっちゃ実力者!って感じだった…トークの時はまだ全然「Jr.!!」って感じの雰囲気だったのに(メンバーチェンジしました!って堂々と言うとこ超好きと思った)、やっぱりグループで名前もらうレベルは実力があるんだなぁと思いました。。あと林遣都さんに激似の人がいた。これからも頑張ってTravis Japan…!

 

★衣装替え(上下さくらピンク、裏地の色がグッズTシャツのグリーンだった)
16.Mr.Star Light(障害物レース)
あ~~なんかキスマイってこういうコーナーものあったなぁ~~~~!!!!っていう、過去作DVDでの学習が思い出された。どおりでMCちょっと早いな!?もう半分!?と思ったわけだ(実際の時間経過はわかりませんが)。
パンを食べる姿がえろいってどういうことですか藤北のお二人ちょっと説明して…。(笑)
ローラースケートで二人三脚とか危なっかしくて仕方ない!と思ったけど普通にこなしていたので、キスマイはやはりすごい。伊達にこれを武器にしていないなと再確認。
キスマイカーってなかなかの絵面だよな…。衣装巻き込まれそうになる横尾さん。ここらへん次回以降改善されるといいですね。。

17.We are キスマイ!
Callingやったけどこれもやるのね~~!まぁアルバム入ってたしね~~!!やるよね~!!!
これ超楽しかったな。ファン側が言うよう想定されてるっぽい歌詞とかも含め、特定の歌詞が正面上のモニターに出てくるのめっちゃわかりやすくてよかった。両手でぴょこぴょこあおってくる藤ヶ谷さん可愛いかよ。
そして気付いたら3人がいなくて、スケート靴を履きかえていた。

18.ZERO
3人の歌声の安定感。

19.Toxxxic(藤ヶ谷ソロ)
​これはやばい。ドームの5万人抱かれた。いやまじで。間違いなく抱かれた。男も女も関係なく全員この瞬間だけは藤ヶ谷太輔のオンナだった。
藤ヶ谷太輔にかかればリボンはほどくためにあるしシャツははだけるためにある。やばい。
曲だけ聴いてた時から雰囲気的に毎度のごとく色気たっぷりで来ることは想定していたが、私の頭で考えられるものなんてたかが知れていた。その5000000000000倍くらいやばかった。とんでもねぇ。こいつはやべぇドラッグだぜ、と私の中のアメリカ人が囁いている。(?) この1曲でチケ代元とれたわーー!ってなるやつ。(割とどの公演でも私の中でそういうキラー曲ってあるけど、今回は完全にこれ。…とかって思ってたらこの後に藤北という爆弾が仕掛けられていたんだけど。)

20.Touch(藤ヶ谷&玉森)
​なんだこの2人の夢の共演は!?そんなお得パックいつのまにやってたん…と思ってたら曲が終わった。

21.Clap-A-Holics(玉森ソロ)
こちらもなかなかにやばい。クラブ感、高級なクラブ、ドームが突然会員制高級クラブになった(一応言うとくけど踊る方ね)。ソロだと演出の集中とまとまりがすごい。玉森さんはすごい、ドームの真ん中で何万人もの視線を受け止めてひとりで踊るの、なんかすごい。あんな野太い感じの声、どこに隠してたん…すごいやん……。ダンスもなんかこう、落としどころ見つけた感じというか、似合う格好いいを見つけた感じというか。。身体が大きいの「強み」に消化している努力を感じた。演出含めてとてもよかったです。
22.優しい雨(北山ソロ)
23.カ・ク・シ・ゴ・ト(北山ソロ)
謎の水色レインコート。謎の水色。。
しかしバーのセットみたいなところでロックグラスもってカメラにフッって笑った顔が超絶色気!!!!で、北山さんがいつも藤ヶ谷さん玉森さんに比べて穏やかなバラードの失恋ソングを歌っているのは、この人が本気を出したら会場が爆発するからかな?などと思いました。ふとした瞬間の色気!あんなに可愛い顔&声なのに!なんなのこの人。まぁ考えてみればあの藤ヶ谷太輔とタイマン張れる男だもんな…。。コンサート終わって同行者さんたちとご飯の時にあの「嘘だよ」の意味についてあれこれ考えたの楽しかったです。

24.REAL ME(北山&藤ヶ谷)
この藤北に私の語彙力は爆発して消失した。(と言いつつ以下めっちゃ長文)
終わった瞬間同行させていただいた方がちらりとこちらを向き「とんでもないものを見た」と一言おっしゃったのだが、ほんまそれ。
最初は、ベトベトの歌は藤北の歌だったんだな…と思いながら(タイトルとかあまり見ずに曲だけ流してるタイプ)、互いの方向に歩いていく演出はFIREのオマージュだな、ふむふむ、と思って見ていた。それぞれに向かって歩いて来た2人がすれ違い背中合わせからの向き合う。指と指を絡め歌う。わかってる!ヲタクが好きな構成をわかってる!!!ありがとうございます!
2人が並んだ時初めて、上下黒白互い違いの服を着ていることに気付いた。気付いた時にはもう沼の中にいた。(?)
黒と白のベトベトした液体を手にとり、藤→北:シャツをはだけた胸へ、北→藤:元々片方袖のなかった露出している腕へ。ドームが割れるんじゃないという程のギャーーーー!が響く。そしてこの後。
自分についた互いの色に自分の手を重ね、白と黒を混ぜ合わせる。
ここ、とんでもなくとんでもなかった………何て言ったらいいの、何て言うの、極み?藤北の極み??自分の色と相手の色混ぜ合わせるんすよ、2人とも白と黒をそれぞれ上下で纏ってるんすよ、それを混ぜ合わせるんすよ………?2人の融合?一体化?なにその美味しいの…えっYummyってそういう意味もあったの?(???)
その後北山さんが前、藤ヶ谷さんが後ろの立ち位置で白黒のついた腕を北山さんの胸へ合わせるように片手でバックハグみたいな動き、そして前後逆になって胸が見えるくらいの感じで接近(うまく言えない)。
徐々に感情を言語化できなくなってくる。語彙力が弾ける音を初めて聞きました(20代/女性)。最後は暗転してダーン、終了。
なんていうかなんていうかね、、、すごかった…ドームの地鳴りもすごかったし、藤北にしか出来ないパフォーマンスというか。。藤北は背中合わせが似合うなと普段思ってるんだけど、そう思う背景には藤北には「互いへの信頼」を感じてるからなのかなと。このパフォーマンスも2人がお互い、お互いのパフォーマンスを含めて曲の世界を作り上げて、その中に没入してステージに立たないと成り立たない。お互いに「コイツとなら」ってのがあって出来るんだろうなと思って……。感慨深い……あとでFIRE観よう…。
自分の記憶喚起のために書いたけど、いろいろ違うかもしれないけど、とりあえずやべぇものを見ました。藤北に向かって合掌。

25.ぶっさっさー(舞祭組)
3人のソロ・藤玉、藤北の世界観からの舞祭組、まじ高低差ありすぎて耳キーンなるやつだった。
でも舞祭組は舞祭組で、「舞祭組」っていう道が、場所が、ひとつ増えてよかったねとほんとに思う。アイドルなのに、ジャニーズなのに、グレーのスーツが驚くほど似合ってしまう。本人にもファンにも葛藤があったかもしれない(なかったかもしれないけど)、でもグレーのスーツを身に纏って全力で走る。その姿に癒されたり、勇気づけられたりする人がいる。いろいろあるけど、舞祭組がこのまま続くといいなと思った。(でも「ぶっさっさー」とかちょっと言いづらい掛け声の曲はコンサートでやるには微妙な気がした、夢の世界でアイドルに「ぶっさっさー」とか言いたくないよ)(しかしコンサートでやらなかったらあんな祭仕様な曲いつ歌うんだって話だが)


★映像(キスマイ追われる→囚われの身→手錠で登場)
最初「追われてる」ってことに気付かなくて、それに気付いた時超嬉しかったしそれで囚われてからの手錠使ったパフォーマンスの『赤い果実』に繋がる流れ最高に最高だった!超好き…コンセプトガチガチ大好き人間…。

26.赤い果実
格好いい。やはりシングルは曲が強い。

27.Let it BURN!
28.Kiss魂
北山さん「Kissダマ“シィー”」って口元に人差し指あててシィーってやるの、ちょっと待ってなにそれ聞いてな…(失神)。色気よ。
29.Tonight
特効の量。KAT-TUNかよ(2時間ぶり3回目)。バクステで特効の量。えぐい。音やばすぎて途中耳塞いでた。
5階席っていう位置もあっただろうけど、今回なんか全体的に音めっちゃ大きく感じて耳栓忘れたの悔やまれた。バクステ近い人で耳心配な人、せめて特効の時だけは耳塞いでた方がいいかも。あれはたぶん危ないレベル。耳はほんと壊れたら終わりだからね(治らないから)…ライブよく行く人はそれ用の耳栓持っといて損はないと思います…。

★衣装上脱いで真っ白キラキラスーツに替わる(ここで合ってる?)
30.今はまだ遠く果てしない夢を

☆挨拶
最後の挨拶、みんなコンパクトにまとめてきたなぁ、北山さんだけ「なんか振り返り出したァ!長くなってきたァ!」と思ってたけど、いつもは個人挨拶ナシなくらいで今回は珍しかったらしい。
北山さん冒頭で「言わなきゃいけないことがあって」ってこのセンシティブな時期のジャニオタにそんな言葉を言ってはいけません。超ヒヤッとした。結局具体的に何が「言わなきゃいけないこと」だったのかわからなかったけど感謝の気持ちは伝わった。「他にもいろんなグループがいる中で僕たちにエネルギーを使ってくれてありがとう」って、新規古株掛け持ち、どんなファンも肯定していて嬉しい言葉だなと思った。あと最後が「お力添えをよろしくお願いします」で、急にビジネス風味wwwってちょっと笑った。
みんなが少しずつニュアンスで「コンサートできるのは当たり前じゃない」「7人でこれからも」みたいなこと言うから、まぁ最後の挨拶なんていつでもそんなものかもしれないけど、こんな時期だからいろいろ考えてしまった。これが最後かもしれないと思って7人を見届けた。アンコールも、もうこの人たちを2度と生で見ることはないかもしれないと思って目に焼き付けた。
何があるかわからない。7人が、「7人でいること、キスマイでいること」を選び続けて、それが7人それぞれの人生の幸せであるといいなと心の底から思った。キスマイだけじゃなくて、アイドルを応援するにあたって、グループを離れてそれぞれの人生を歩くこと、自分のために幸せな人生を求めて選択することを絶対に否定したくない。でもやっぱり私はアイドルである彼らが好きだから、私の願う道と、彼らが選んだ道が同じ「アイドルである道」、そんな未来を願ってしまう。

31.HOME
最後っぽい名曲!メインモニターに歌詞付きの映像。おしゃれだった。

 

☆アンコール
34.Everybody Go
35.セルフィー
36.SHE! HER! HER!
​アンコールの声が小さかったのか、退場アナウンス流れて「え~~」な会場。ちょっと声が大きくなってキスマイ登場。アンコールとは本来こういうものだった。以前本当に出てこないこともあったらしい。アンコールにしても何にしても当たり前と思ってはいけない。人任せにするのもよくないですね。
そして出てきたアンコール、グッズTシャツを加工したやつだったんだけど、北山さんの袖がどえろい。ほどよい肉付き。なんだあれ。どえろい。(後から聞いたらいつもあの加工らしいですね…。)あと藤ヶ谷さんの鎖骨な。
『Everybody Go』も『SHE! HER! HER!』もたくさん聴いてた曲だったのでコンサートで聴けて嬉しかったです。

 

というわけで、初キスマイ楽しかったです! LIVE DVDいくつか持ってるけど、最近はあんまり追えてなかったのでいろいろと新鮮で楽しかった!Yummy感はあんまりなかったけど(笑)

以下、コンサート全体での雑感。
・OPとEDの映像が繋がっててよかった!このコンサート唯一の(?)Yummy感。
・途中途中で映像が挟まれることによって、世界観の変更がわかりやすくてよかった。以前「嵐のコンサートはディズニーランド、エイトは祭り、NEWSはデート」みたいな感じで表されたツイートを見たことがあったけれど、今回のキスマイは「映画館」かな~と。同じ場所で、スクリーンを変えて、いろんな種類の映画が見られる。(もっとうまい表現ないかな~~)
動く歩道と十字のセンステ、新しいセットが楽しかった!歩道は最初7個全部くっついてるのかと思ったらそれぞれ独立してて、2つに分かれたり、7つ放射状に分かれたりして何回か進化する。画期的。
回る十字のセンステも進化する。そもそもが平らなセンステなんだけど、そこから十字だけ上がって回転もあれば、十字の周りに四分割した円があってそこにも乗れて、それぞれ独立して上下したり。十字の端3人と四分割の円に4人がひとりずつ乗って動いてたやつ、すごい魅せられる演出だった。ただそれ見ながら「このセットKAT-TUNにも使ってほし…あっ3人しかいないんだった持て余す…じゃあエイト……次から6人なんだった微妙に持て余す(泣)」という謎の切なさがあった。JUMPなら9人だから8箇所+ど真ん中1人で使えるな…。
・玉森さん全体的にあざとかわいい。絶対わかってんじゃん可愛いのわかってんじゃんんんんん!!!!!!可愛いよ!!MCで名古屋は千賀さんの地元なくだりで横取りして「ただいま~~!」って言う弟感(でも千賀さんの方が年下なんだよなぁ)、それにまんざらでもなく「キャーーー♡」なファンが面白かった。可愛いをきっちり売りにしてくるアイドルもそれを全力でお買い上げして甘やかすファンも最高。需要と供給。
・北山さんは小さい身体から放出される色気がすごい。種類としては堂本剛。立ってるだけで何かが放出されている。
・藤ヶ谷さんはギャップの鬼。ぶんぶん手ふったり、キャッキャしてる時とソロ曲のアレとのギャップが。2人いる。たいぴーとキングとあの人の中には2人の人格がある…。
・横尾さんは本当に滑舌が悪いんだな…と再確認した(笑) いやほんとまじで最初から最後まで、軽い挨拶とかの叫んでる一言みたいなやつ、「#$%&’%*#&%$$~!!!」って感じだった…まじで全然聞き取れなかった。でもみんな普通に「イェーー!」って進んでたから、聞き取るには特別な訓練が必要なんだと思う。素人じゃ無理…(笑)
・二階堂さんはずっと帽子かぶってて何かあるのかなと思ってたら最後の挨拶でちゃんと帽子とってて(頭にはなにもなかった)、いい子だなと思った。
・千賀さんはトラジャ振付でその才能の一片を見た。セットも千賀さんだったらしいし、多才だな!! エイトでいう安田さんみたいな感じだろうな…その才能と努力がこれから花開いていくのが楽しみです。
・宮田さんはファンサがすごい。バンバンやる。アンコールも終わりがけのとき、アリーナの「俊くん♡」ってうちわ持った可愛い子に曲終わりのいいタイミングで投げチューしててそれもらった女の子がめっちゃ笑顔で嬉しそうにしててとてもほっこりした…。ファンサ曲じゃなくても歩いてる最中とかの出来そうな時は結構ファンサしてていい人だった。(これに関しては宮田さんをよく見てただけで、他の人もファンサしてたのかもしれない、7人いると基本的に目が全然足りない。)
・ドームの構造上そうなるんだけど、上から見ると外周の形がハート型でなんか可愛かった。
・挨拶のときにモニターとかセットが星空の画面(?)になってたんだけど、会場のペンライトも白の中にカラフルな色が混ざってて、それが演出の光と一続きに見えて、星空に包まれたキスマイ、みたいな空間になってたのがすごく綺麗だった。幻想的な空間だったな~なんかよかったよ~~

 

ハイ、10,000字オーバー!笑

とにかく初めてのキスマイ楽しかったです!これからもずっと7人でいてくれ!!

今回のご縁に感謝〜!ありがとうございました!

f:id:lacht:20180506190701j:image

さーーて、これから買ったのに未開封だったキスマイワールドでも観るかな(その前にUNIONの感想を書きましょう)。

おわります。