ゆめをたべてく

いろんな好きを掛け持ちする飽き性

最近ハマっているDISH//について書く④~楽曲編PART2(2016-2018)~

DISH//について書くシリーズ第4弾。

最近ハマっているDISH//について書く③~楽曲編PART1(2012-2015)~ - ゆめをたべてく

の続きです。PART2として楽器演奏スタイル開始の2016年から2018年まで。やっぱり思ったことつらつら書いただけ。長くなった~!

 

 

2016/6/22発売 8thシングル『HIGH-VOLTAGE DANCER』

1.HIGH-VOLTAGE DANCER  作詞:DISH///小倉しんこう 作曲:松隈ケンタ 編曲:SCRAMBLES

タイトルと曲調のギャップ。タイトルはKAT-TUNっぽいのに曲そのものはKing&Princeみたいな。タイトルゴリゴリのいかつい感じなのにメロディーラインめっちゃ爽やかなの。各まとまりごとの語尾の韻踏みが美しくて統一感のある素敵な曲。

 

2.トワイライト  作詞・作曲・編曲:田村歩美

『birds』で結婚した2人が、出会いから結婚から今までの軌跡思い返しつつ、結婚2年目で子供授かった曲でしょこれ…。世界観似てるな~と思ったら作詞作曲同じ方だったわ……。めちゃくちゃほのぼのしてて可愛くて幸せな曲。「右左左へと」のリズム感が妙に好き。

 

[初回A・B]3.Running Road   作詞:DISH///小倉しんこう 作曲:DISH//

爽やか。のびのび歌うメロディとラップのバランスがいい。龍二さーーん!(泣)

偶然インスト聴いてて気付いたけど、AメロBメロあたりのベースめっちゃ格好ええな……(いやたぶんベースだと思うってだけで私の耳では不確かだけど)。 あとドラムも格好いい。これがっつり演奏するDISH//観たいな~!!

 

[通常]3.WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント  作詞・作曲:小室哲哉 編曲:Gk3

曲がいいもん、曲が。アレンジも好き。最初のドラム(?)好き。動画でちらっと見ただけだけど、PVの雰囲気めっちゃよくていいな。あと途中の龍二さんと柊生さんが歌ってるところ(B・U・S・A・I・K・U…のとこ)の龍二さんのダミ声が好き~~~!!!!龍二さんほんともうなんで抜けたんや~~!ほんとに惜しい…。

 

2016/8/24発売 5th Anniversary Special Edition“D//ear...”(同梱CD)

1.ラブソングなんて似合わない(MASAKI)  作詞・作曲:磯崎健史

可愛い。可愛さが昌暉さんの高めの声にマッチしててよい。可愛い。『いつかはメリークリスマス』にも入っててこっちにも入ってるのはなぜ……というか『いつかは~』に突然ソロ曲入ってるのはなぜ…なんかエピソードあるのかな?

 

2.かっとび!バリバリーゼント(RYUJI)  作詞・作曲:磯崎健史

龍二さんしか歌えないよね…(笑) 可愛い。最後のメンバー(?)とのやりとりが可愛い。ライブで盛り上がりそうな曲。

5周年のDVDで龍二さんがリーゼントにされる様子をただひたすらお送りする映像があったのだけど、リーゼント作るのって大変なんだなと思った(なんの感想)。

 

3.こんな僕に舞い降りた魔法(TAKUMI)  作詞・作曲:JackPotBeats

ネガティブパワー!!!(笑) どんな曲だよ…と思ったけど、一周回ってポジティブな面白い曲。メロディもだし、語りのところも匠海さんの美声を贅沢使いしてて最高。これを真剣のお届けしてくれるの、ほんとアイドル(ではないと言ってるけど)って面白いコンテンツだなと思う。

 

4.Hip Pop Corn(To-i)  作詞・作曲・編曲:岡部波音

これめっちゃいいよね、めっちゃよくない!? 格好いいラップからの、サビ(?)の「甘いの大好き」に行く面白さ。曲としての完成度が高い、というか。好き。

 

5.俺のアモール(RYUJI)  作詞・作曲:浅利進吾

白タキシードに深紅の薔薇持ってハットかぶってる龍二さんが見えるねぇ…。アンダルシアで育ったオタクなのでこういうの好きだよ…。この存在感抜群に鳴ってる金管…トランペットかな?がすごくいい。

 

6.Pa Pa Pa パンティー!(MASAKI)  作詞・作曲:磯崎健史

車の中でDISH//シャッフルにしたら流れてきて、助手席の友達に「え、何この曲…?」ってちょっと引かれた曲。私も最初普通に引いたよね…いや何この曲???(笑) なんでこの曲を作ろうと思ったのか、なぜこの曲をうら若きイケメンに歌わせようと思ったのか。サビ以外の歌詞は普通に…普通なんだけどな……。私がこれ自分の息子のソロ曲ですって聞かされたら全力の苦笑いで返すし、昌暉さんの家族は最初これをどんな気持ちで聴いたんだろうな…。メロディーとかノリはすごく楽しい。あとインパクト強いキャラ付けという意味では大成功…かな?

 

 

2016/12/14発売 2ndアルバム『召し上がれのガトリング』

アルバム全体感想:このラインナップ、エモすぎやしないか…まさか『モノクロ』と『Loop.』と『No One Else』と『サクラボシ』が同じアルバムだったとは……。というか『ら・ら・ら』を挟んだ前後の落差やばい、これが歴史年表だったらここで革命が起こってる。何があった。あと『愛の導火線』がシングルじゃなかったことに驚き。めちゃくちゃシングル色強いのにな。これからなんか曲に困ったらこれシングルカットすればいいと思うよ…(笑)

 

1.JUMPer  作詞:DISH///小倉しんこう 作曲:松隈ケンタ(SCRAMBLES)

ってお前もシングルじゃなかったんかー!!!!! すごいノリ良くて楽しい曲。

コイツはほんとライブ化けがすごい楽曲だよ……はちゃめちゃに楽しい。まじで楽しい。みんなライブ行こうぜ!!!

 

4.ら・ら・ら  作詞・作曲:大黒摩季

原曲よりちょっとアップテンポになってる? これもすごい好き。『WOW WAR TONIGHT~』もそうだけど、こういう“知ってる曲”があるとなんとなく入りやすいからカバー曲ってきっかけの扉としての作用大きいんだなと思った。

 

5.モノクロ  作詞:TAKUMI/T-Cher h 作曲:TAKUMI

「空に雲が立ちこめる」からの「晴れ顔も雨顔も」、最初が「モノクロ」で最後「カラフル」で終わる歌詞…歌詞がめっちゃいい。空模様と絵描き、っていう2つのテーマ(?)に沿って、おだやかなメロディに乗ってめっちゃ綺麗な歌詞。誰かとの出会いで自分の世界の見え方が変わる、そして今度は自分がその誰かの世界を変えられるかも、2人で歩いていくんだ、っていうね…すごい…いい歌詞…。と思ってたら、TAKUMIって匠海さん?え、すげー名曲作るやん…。こういうの作られたらもう離れられないですよ…言葉遣いの上手い人に弱いんだ私は…。

 

6.Loop.  作詞:To-i/岡部波音 作曲:To-i

カメのソロの傘持つやつ(タイトル調べろや)みたいなパフォーマンスが似合いそうなリズム感、…ってのが第一印象ではあったんだけど、聴くたびもうめちゃくちゃ好き、この曲。こんな曲も歌うんだなぁDISH//、って思ってたら柊生さん制作とかまじかよ天才かよ。SPEEDで育ったからこういう縦ノリDJダボダボ感、大好きなんだわ…。「朝から晩から朝日が滲む夢見る影法師」の語呂のハマり具合が最高。………いや柊生さん作ったの?ほんとに?私ほんと好きだよ『Loop.』、DISH//で好きな曲なに?って聞かれたら必ずベスト5には入れたいくらい好きだよ……天才かよ…!!!!

 

7.SIGH  作詞:RYUJI/久下真音 作曲:RYUJI

えっ龍二さんが作ったのこの曲!?!?え!?ほんとかよ!!!

めっちゃ未練!な歌。未練。「君のことまだ好きなんて自分でもわかってるよ また会いたいなんてこんな気持ちは卑怯かな? 君は今なにを想っているの?」めっちゃシンプルでストレートな歌詞が伸びやかなメロディと一緒に心にストーン!って入ってくる感じ。オチサビの匠海さんの美声が素晴らしい。めっちゃ空港の風景思い浮かぶ。留学する彼女。最後「ここから歩き出すよ」で前向きになっててよかった。

 

8.僕の太陽  作詞:MASAKI/Gk3 作曲:MASAKI

えっこの曲昌暉さんが作ったの!?!?!?……なるほどこのアルバム、1人1曲ずつ制作してんのね、なるほど…(今更な気付き)。

歌詞可愛いよね、「僕の太陽」ってすごくない?そのまっすぐさが眩しい…! 「嗚呼 釣り合わない 別世界の存在 だけど…」がなんとなくアイドル好きな昌暉さんらしいなと思った。AKBの『遠距離ポスター』みたいな感覚。最後も「夢」って言ってるし、これほんとにそういう(アイドルに恋するファンの気持ちを歌った)曲なのかもなぁ。

 

10.No One Else  作詞・作曲:JTR 日本語詞:藤林聖子

これもLOLと同じく耳で気になってタイトルチェックした曲。そしたら海外バンドの楽曲提供とな…! この曲の匠海さんの声、めっちゃいい。なめらか。美しい。細かいけど「Romantic」って3回歌うところで、ずっとなめらかな英語発音なのに最後だけ「ロマンティック」ってカタカナ発音になるところが好き。「I like it」って歌詞にはついKAT-TUN担の心が反応した。

寝る前に聴きたい穏やかな曲。夕暮れの、ピンクと水色が混ざったみたいな色。

 

11.My memory  作詞:DISH///小倉しんこう 作曲:DISH//

これもDISH//が作ったの!?ほんとかよ!(何回目w)

曲調は果てしなく爽やかなのに、歌詞はザ・未練、みたいな、(おそらく)フラれた男性の曲。

「手をつないだ帰り道 繋ぎ直しはKissする合図だよね?」がむちゃくちゃリアルだなぁと思ってる。ここ以外はずっと、一般論っぽいどちらかといえば抽象的な言葉の並びの中、ここだけ急に具体的な描写なんだよな。この歌詞で急に現実味のある歌になる。大学生くらいの2人で1年以上は付き合ってて、同棲までは行ってないけどどちらか一人暮らしの部屋にはしょっちゅう行ってる。別れも修羅場的な別れじゃなくて、彼女が別れたいと言った理由も理解してて、ちゃんと納得して別れた、けど……みたいな。

「この思い出忘れさせないで ここにいさせて…」って歌詞がすごくわかるなぁと思った。「忘れたくない」と思ってても、人って結構忘れていくもので、そんな「あんなに大切だったのに忘れていく自分」に気付いて落ち込んだりして。前を向く覚悟が出来る一歩手前の心情を歌った曲なんだろうな。

未練の感情って「切ない」になるか「女々しい」になるかはほんと歌い手や曲次第だと思うんだけど、冬の午後4時くらいの済んだ青空みたいな綺麗なメロディに若いDISH//が伸びやかな歌声を乗せることでむっちゃくちゃ爽やかな印象の曲になってる。この主人公にとっていい恋だったんだなぁ、と思える曲だし、いい恋だったなぁと過去を思い出して今幸せに生きてる人が作った曲、みたいにも思える。

 

12.愛の導火線  作詞・作曲:新井弘毅

ゴリゴリでめっちゃ格好いい。大好き。ライブでの「ジリジリギリギリ……」からのジャーンプ!の楽しさ。最高。

…って、今歌詞見ながらこれ書いてたんだけど、ちょっとまって、え、ここ「火照るカラダよ 止まる気しない」なの!??!?!?!?!? え、今すごい1人で笑ってるんだけど(気持ち悪いよ)、私、ここ「ホテル空だよ 泊まる気しない?」だと思ってたwww いやずっと思ってた。まじで。何で突然ホテルとか言い出したんだと思ってたけど、その前の歌詞が「狂おしいほどの夜を過ごしたい」だから夜繋がりでホテルなんだろうな〜って解釈してた。そこまで考えてて「火照る」は思いつかなかった、いやなるほどね、「火照るカラダ」ね………。でもここ発音完全に「ホテル」じゃない?w いやまじこれどっちでも意味通るし、奇跡的な勘違いでは…? 今私自分にめっちゃウケてる。空耳アワー特別賞受賞だわ…。

勘違いは置いといてもこの曲はほんとにいいよ、自信をもって人にオススメできる、なんていうかパワーのある曲。音源で好きなポイントとしては「愛を打ち抜いて」でちょっとだけ声が裏返るところ、全体的にちょっと息多めでタメ多め(?)で歌ってる感じ、北村匠海の声のよさを全力でぶちこみました、みたいな歌い方。まぁとりあえず聴いて、ね、あわよくばライブ映像も一緒にどうです?

 

13.サクラボシ  作詞・作曲:DISH///小倉しんこう

これはめっちゃ…いい曲だよ…『コトダマ』『夢旅』と、ツアーオーラス最後に聴きたい曲ランキングを争う名曲…。武道館というひとつの夢を叶えた彼らが「夢のその先へ行こう」って歌うの、いいよねぇ…。しかもそのあと「そう誓った僕らは幼くて それでも強く歩んでゆけるよ 長い道のりでも君がいるから」がまたいい。“夢のその先”の方がずっと長くて厳しいかもしれなくて、それを一緒に歩もうとしてくれるその思いが素敵。アルバムの最後の締めとしても最高にいい。

 

初回B特典CD

1.secReT love(RYUJI・To-i)  作詞・作曲:JackPotBeats

この、「裸ジャケットで踊る一昔前のJr.曲」感なに?????? 少クラから人気が出てMステ初披露するのめっちゃ見えるんですけど……人気シンメが手を合わせて上に上げる振りで踊ってるの見える…サビでバックのJr.もちょっと歌う…。最後のちょっと演奏静かになって歌い上げるとこからの語りからのサビ繰り返しでフェイク入るとことか……すごい、ほんとに私のいちばんよく見てた黄金期頃のJr.曲感がすごい。

あ~~龍二さんの声ほんと特徴的で素敵なんだよな、柊生さんは逆に癖のない聴きやすさ…。あ~~惜しいなぁ…。

 

2.Dr.Please!!(MASAKI・RYUJI)  作詞・作曲:浅利進吾

可愛い。ポップな音が可愛い。昌樹さんのドクター役(?)の声たっか!w まーくんほんと多才よな…。この中身のない感じの曲が聴きたい気分の時もある、こういうスッカラカンな曲も世の中には必要なんだ…。

 

3.言えやしないよ…(TAKUMI・To-i)  作詞・作曲:磯崎健史

なにこの曲www メンバー紹介ならぬメンバー喧嘩ソングw エイトの『えげつない』みたいなw いやこういうの好きだよ~!!ライブでも楽しそう~!!!!歌詞から見える2人のキャラもいいな、「アイディア変えると顔がひきつる」がなんか好き(笑) ちょっと声が今より若いのもいいし、演歌調になったり、2人とも部分部分で声変えて楽しんでるのもいい。「言えない 言えない」でハモってるのもいい…そして最後可愛いな…最後……「愛してるぜ」「さぶ~~っ!」カッコ可愛い…♡w

 

4.春イチゴ(TAKUMI・RYUJI) 作詞・作曲:オオヤギヒロオ

タイトルからしてもう可愛いじゃん、曲もなんかいい感じ…爽やかな甘さ。まさにイチゴ。これは「映像で見ると強い」らしいので、早めに見たいと思う。想像やけど絶対可愛いでしょ。イチゴだもん。

匠海さんの声がいい意味で「普通」な感じで、「メインボーカル」って感じではなくて龍二さんと2人で対等にデュオとして存在してる感じがとてもいい。…って言ってるそばからあれやけど、ラスサビの「キミがいるだけで輝きだした」の匠海さんの美声…!!!この美しさを!いつまでも守りたい!!!!(?)

 

5.前へ(MASAKI・To-i) 作詞・作曲:岡部波音

ロードオブメジャーみとファンモンみが強い。前向きないい歌詞。2人で歌ってるのももちろんいいけど、4人で(グループで)歌ってほしい系の曲。柊生さんがやっぱりラップ(?)のリズムのとり方うまいなぁと思う。北村匠海の影に隠れがちだけど普通に歌える2人なんだよな、ってのがわかるし、地声っぽいちょっと荒削りな歌声が曲と合ってていい。

 

 

★2017/1/1 大智加入

2017/3/29発売 5555枚限定DVDシングル『JK//』

1.JK//   作詞:DISH///前山田健一 作曲:前山田健一

ひたすらに「女子高生と付き合いたい」ってうたう歌。ヒャダインさん。予備知識なしで曲だけ聴いてたときは初期のおふざけソングのひとつかと思ってたら2017年3月だった…PV見て大智さんがいたのでまさかとは思ったが超最近かよ(2年前を超最近とするかどうかは人それぞれだが)……頼むから犯罪には気を付けてね…。

でもノリは楽しいし振りも楽しいし振り付け動画はみなさん可愛らしいです。終始謎のフリツケケキャラで押し通す昌暉さんも楽しいし、「セーブンネイ」がツボにはまって龍二さんと大笑いする匠海さんが少年ぽくて可愛くて最高。やっぱり匠海贔屓でごめんやけどこのPVの匠海さんほんと可愛いんや…お肌つるつる…髪型…何あのクルクル…きゃわわ……。

冷静に聴いたらめちゃくちゃ気持ち悪い歌詞なので、頭のネジを2本くらい外してパッパラパーな気分で聴くのがいい。

 

2.親のスネスゲーうめえっすね〜   作詞:DISH///前山田健一 作曲:DISH//

JK//とこれが同じシングルとかもうやべぇな……そしてこれも割と最近だったことに衝撃。

この主人公まじでクズだけど、曲としては楽しいし「本当に最後だよママ」の匠海さんのあざと可愛さがたまらないので、分かった分かった私が養ってあげるね…?みたいな気持ちになる。DISH//が作ったことを知る前、てっきり大人に歌わされたんだと思ってたから、作った人はどうしてこの曲作ろうと思ったんだろう、どっからこの発想出てきてどうして彼らに歌わせようと思ったんだろう、って考えてたし自分が親ならちょっと苦言を呈するな、と思ってたら、まさかの本人たち制作だったww 幼い頃から「仕事」してて、同世代よりよっぽど自分で稼いで暮らしていけるであろう彼らなのにな。このキャラ(?)で一曲作り上げたDISH//のクリエイティブ能力は評価したい。

 

3.大きな玉ねぎの下で   作詞:サンプラザ中野くん 作曲:嶋田陽一

爆風スランプのカバー曲。最初は変なタイトルだなぁと思ってたけど、聴いてみたらいい曲~!!! 「定期入れの中のフォトグラフ」に時代を感じる。こうやって曲から見えるそれぞれの時代とか、でも人の想いの根本は変わらないところとか、面白いよなと思う。

千鳥ヶ淵 月の水面 振り向けば 澄んだ空に光る玉ねぎ」の部分がめっちゃ好き。aikoの『カブトムシ』の「少し背の高いあなたの耳に寄せたおでこ 甘い匂いに誘われたあたしはかぶとむし」みたいな、メロディと歌詞がスパーンとハマって気持ちいい感じ。月の水面ってなんだろうって思うけど、なんかわかるじゃん、なんとなく。一曲通して、そのままを表す名詞ではないのになんとなく風景が浮かぶ言葉が多くて文学的ですごく好き。

 

4.JK//〜ごめんなさいver〜

ライブでは「ごめんなさい」言わされるよな、たまには「いいよー」って言いたいよな(笑)

 

2017/6/7発売 9thシングル『I'm FISH//』

1.I'm FISH//   作詞:DISH///GAKU 作曲:GAKU

タイトル通り歌詞魚目線なんだね!??(そうでもないか?)

PVの水色スーツ、イケメン。でもシンクロの顔交換はやや気持ち悪い…(笑) DISH//さんたち割とPVで変なことしがちよね。しかしこの時のビジュアルみんなめっちゃイケ度が高い。好き。足開いてギターかき鳴らしてるところめっちゃ好き。柊生さんのDJのキュキュッってやつ格好いい。

「好き勝手言われても」の譜割りの「言われ、て、も」が好き…(細かい)。「I‘m レペゼン海原」からの早口のところめっちゃ覚えたいよな、カラオケで歌いたい。「More! Turn it up!!」がそのままの意味もハマってるし「物足りない!」に聞こえて面白いなと思ったり。

ノリ良くてライブでめちゃめちゃ盛り上がってダンスも楽しい。目に留まるというか、心にひっかかるというか、何か気になっちゃう曲持ってるな~強みだな~~と思う一曲。あとこれ、CDのパッケージが可愛い。

 

2.コトダマ   作詞:DISH///小倉しんこう 作曲:DISH///小倉しんこう

『夢旅』『サクラボシ』と合わせてツアーオーラス最後に聴きたい三銃士のひとり。

「太陽よりも明るく 月よりも優しく」「空よりも遠く広く 海より深く青く」「限界を超えて」「この声が枯れ果てるまで この生命が燃え尽きるまで」と、これまででいちばん「強い覚悟」を歌った曲だなと思う。メロディは優しいけど、ものすごく未来への覚悟を感じる曲だなと。彼らも少しずつ大人になっていって、少しずつ周りが見えたりして、踏ん張り時、ここからだぞ、っていう思いで作ったのかな…、DISH//を導いてる運営陣も、この当時の「今歌うべき」という思いでDISH//に歌わせたのかな。まぁ真意はわからないですけど、結構“重い”曲だなと思います。

 

[初回A・B]3.求愛ラブダンス   作詞・作曲:DISH///新井弘毅

新井さんの曲ってなんかこう……格好いいよね。ちょっとえろみのある歌詞。耳に残るメロディで中毒性ある曲。すごい曲名だよね『求愛ラブダンス』…(笑)

 

[通常]3.横浜VIBRATION   作詞・作曲:岡部波音

楽しい。ライブで盛り上がりそう。ただ演奏と歌めっちゃ大変そう、息継ぎするとこある?

バンドっぽい曲だし、タオル回すの楽しい。耳で聴いてるだけだと流してたけど、ちゃんと歌詞「ぐるぐる→ブルブル(VIBRATION)→プルプル(二の腕)」なんだね…。

「これからも応援してくからね」って言ってくれるけど「だからCD買ってね♡」って言われる…(笑) ハイ買いまーす!

 

2017/8/16発売 10thシングル『僕たちがやりました

1.僕たちがやりました  作詞・作曲:OKAMOTO'S

格好いい。べらぼうに格好いい。謎の万引きPV(DISH//単体のやつ)もいいが、やっぱり凡下高コラボのPVがとにかく格好いい。とりあえず1回見て、したらわかる(…ってもう配信終わってるんだよな、残念!!!)。

匠海さんの「既に四面楚歌」のときの発音の仕方?声?がめっちゃいい。ドラマ見てたしこの曲のPVが格好よくて他の曲も聴いてみよかねってなった記憶があるので私のDISH//沼への扉のひとつ。

あともはやDISH//関係ないけど、この曲窪田正孝さんがなんでか(なんでかとは)めちゃくちゃ歌上手いんですけど聞いてないんですけどぉ……。なんていうんだろう、俳優だからなのか、表現力というか感情力というか、なんつーの、とにかく上手いんですよ…もうほんと、カッケーーんスよ……。なんなの…。飛び入り参加?したライブ?の映像も観たけど、ねぇ窪田正孝そんな歌えるなんて聞いてないんですけど!?ずるいわ~~ってなった。もうカノ嘘みたいな感じで役名でいいから歌出そうや窪田さん…。

まぁそもそも曲がほんとにいい。とりあえずこれはSpotify行く前に早々にDLしたよね、ジャニーズと違ってこうやって手軽に曲課金出来るの素晴らしいな!と思いながら買ったな。でもこのコラボPVのフルバージョンは何を買えば手に入りますか!?!?!?発売されてるの??してないなら今からでも発売しよう!???????

 

2.猫  作詞・作曲:あいみょん

私にとってはいちばん最初に「北村匠海」と認識して歌声を聴いた思い出の曲。それまではキミスイの人(宣伝でちらほら見かけただけ)で、となかぞ朔で、何か歌のグループやってる人、でしかなかったのが、「北村匠海、歌、うまいやん!」と「この声好き!!」というのが一気に来てそこから沼ドーン!で今に至ります。詳しくはこちら(笑) ▶最近ハマっているDISH//について書く①〜きっかけ編〜 - ゆめをたべてく

猫はいい、未練がましくてうだうだしてるのがとてもいい。最近知ったけどキミスイにインスパイアされて書かれたらしい。そう思って聴くと、切ないけどどこか明るい雰囲気が確かにキミスイに通ずるものがあるなと思う。そしてこれが最新アルバム収録の『へんてこ』にも繋がってる気がするんだよね~~これはまた後日書きますけども。

北村匠海の美声と表現力を存分に堪能できる一曲。

 

[初回B・C・通常]2.Newフェイス  作詞:DISH///松隈ケンタ 作曲:松隈ケンタ

激しくて格好いい曲。歌詞、「めりこんだフェイス」って聞こえるけどほんとは何て言ってんだろ?と思って調べたらそのままだった。聞き取れたままの音の歌詞が多い。ライブハウスでガンガンな音量で聴きたい一曲。

 

[初回A]3.万年皿組 〜皿組に夏がキタ〜  作詞・作曲:新井弘毅

真夏の夜に誘い出すやつ。万年青春皿組。こういうのも好きだよ~。突然コント始まる…夢女気分を味わえる。ライブでいろんなバージョンあるのかな…? みんなイケボだよな~と思いながら聴く。大智くんの扱いが雑(笑)

 

2018/2/21発売 11thシングル『勝手にMYSOUL』

1.勝手にMY SOUL   作詞・作曲:新井弘毅

めちゃくちゃ好き。たぶんみんな好き。めっちゃ格好いい。曲もやばいし、個人的には歌詞がむちゃくちゃ日本的な古風なお洒落さというか、「お洒落」とはちがうかな…なんだろう、語彙力がなさすぎて言い表せないけど、“椎名林檎の言葉のセンスってすごいよな”って思う感覚と似たような、言葉のセンスが好きな曲。「憂き目」とかなにその格好いい日本語!? 歌詞全体的に好きなんだけど、特に「無様がなんだ 笑い飛ばせ 声上げろアイデンティティ」が最高に好き…。いやまじで…。「与太は切り捨て 守れポリシー 踊るんだ 人生謳歌」ってもうさ、めっちゃ格好いいでしょ…ライブで歌われる(一緒に歌う)のがまたいいんだよ……。勢いとエネルギーと強さが爆発してて、最高にいなせな感じ。あとPVの和風トンチキみたいな雰囲気はジャニオタが大好きなやつです。

 

2.どういうことなんだい?  作詞・作曲:にゃんぞぬデシ

「ヘッドライトを睨み付け 手を繋げてたら離さないのに」って歌詞がめっちゃ好き。文学的。「なんでもないような一瞬が永遠のフィルムとなって生きて行く」もいいな。

電車をモチーフに、走り出す恋、自分じゃ制御できない「恋に落ちた」気持ちを描いてて爽やかで素敵な曲。

 

(初回A)3.Sa-Ra-Band ~俺たち皿バンド~   作詞・作曲:新井弘毅

『愛の導火線』『勝手にMY SOUL』と同じ人が作ってるんだぜ…と思ったら『万年皿組』も新井さんじゃん…ふり幅にびっくりだよ……(笑) 

この曲はまぁキスブサみたいなものですね。落ち着いたいい声で「愛してる」とか言われるからやはりちょっとだけ夢女気分になれる(笑)「こっちこいよ」とかね。楽しいけど心に余裕がないときは飛ばしてしまう、長いからw

 

[初回B・期間限定・通常]3.BEAT MONSTER  作詞・作曲:小倉しんこう

格好いい。 これ歌って踊って楽器して、ってやってるからすごい(ご本人たちが)ハードな曲だなという印象。大智さんが入って5人のDISH//のバランスがめちゃくちゃいい形で表出されてる曲だなと思う。格好いいんだけど、親しみやすさもあってすごく「DISH//らしい」曲。あ~~!龍二さーーん!(泣)

 

(2017/3/13 龍二脱退)

2018/7/11発売 12thシングル『Starting Over』

1.Starting Over   作詞:新井弘毅 作曲:新井弘毅/トオミヨウ

雨上がりの青空を思わせるような名曲。NEWSでいう『フルスイング』だと解釈。いろいろあるよねぇグループって。でも絶対大丈夫。

キラキラしているだけじゃなくて、挫折とか泥くさい時間もあって、でも、それでもやっぱり美しいなと感じる「青春」っぽさのある曲だなと思う。強さも弱さも、覚悟も本音も、赦しも甘えもいろんな感情が入ってて、でも芯にあるのは未来への希望なんだよな、きっと。

歌詞中の「僕」と「君」がいろんな人や存在に当てはめることが出来るように思えて、いろんな場面が移り変わっていくように感じる。

イントロにエイトの『DREAMIN' BLOOD』の雰囲気を感じるんだけど、私の感じる「青春っぽさ」ってこういう記憶からなのかもなと思ったり。いやほんとめっちゃいい曲です………。

 

2.ただ抱きしめる  作詞:藤林聖子 作曲:吉木絵里子

「『アイシテル』とかそんなありきたりじゃ足りないくらいきみのこと愛しいのに」を筆頭に、とにかく歌詞がいい……。ほんとにすごく素敵な愛の歌。これはな、何十年と歌い継いでいってほしいんや…30代の匠海も40代の匠海にも歌ってほしいんや…………。

プロポーズのときにBGMで流れててほしいような曲。ちょっとくすんだフィルムっぽい映画のイメージ。

 

[初回B・C・通常]2.That’s My Life  作詞:シライシ紗トリ 作曲:FURUTA/Dr.Lilcom

爽やか!明るくて前向きな歌詞がいい。清涼感のある曲。英語と日本語が入り混じった歌詞で、洋楽みたいな感覚でBGM的に流して聴ける。適度な軽さがいい。

 

[初回A]3.Sa-Ra-Band ~恋するマーズ~  作詞・作曲:新井弘毅

デートに誘うやつですね。メンタルが弱いメンタル可愛いしパリピマイメンはなぜ大智くんがこのキャラになったのか由来を知りたいしトーイPは普通にイケメンだしマーズはマーズ。いつまでもそのキャラ貫き通して…!(笑) 

 

 

ハイ!終わったー!やったー!(達成感)

最後に全79曲の作詞・作曲者の割合を調べた表とグラフを載せて終わります。これ結構前に作ってて忘れてたんだけど、当時なぜ自分がこんなものを作ったのか謎。これで何がわかるというわけでもないけどせっかく作ったので。

ではでは。

 

f:id:lacht:20190504170341j:plain

f:id:lacht:20190504170359j:plain