ゆめをたべてく

いろんな好きを掛け持ちする飽き性

アルバム特典DVD『DISH//presents「忘年会だよ!全員集合!!!2018」』

アルバム『Junkfood Junction』初回限定盤Aの特典DVD、「忘年会だよ!全員集合!!!2018」を観まして、大変よいライブかつ大変よい映像だったので感想を綴ります。

  

1.Opening

オープニングめっちゃ格好いい。全員の名前が映し出されるところで、DISH//のメンバーって下の名前ローマ字にすると全員Iで終わるのね、と気付く。だから何だって話だけど、ちょっとなんかいいじゃんそういうの。

バックにある大きなDISH//マークが格好いいよ~~!光るよ~!照明最高~!

メンバー出てくる…今回衣装でらかっこいい、いやほんとに、このライブのビジュアル、4人とも500億点…。

 

2.Starting Over

匠海さん歌い方変えてる?かっこつけてる?(笑)

いやしかし、みんなほんとに格好いい、どうしよう。年末のまほう??(笑)

ちょっと微笑みながら歌う匠海さんの柔らかい表情がいい…。サビのちょっとがなるみたいな声は意図した「表現」なんだろうか、溢れた「感情」なんだろうか。

昌暉さんのコーラスが光る。綺麗。

 

2.Newフェイス

いやセトリ最高かよーー!!(まだ2曲目)

前情報ほとんどなくDVD観たので、「テンションぶち上げじゃんこんなん…やば……」とライブ会場にいる人さながらの感情を味わった。これめっちゃナマで聴きたい。え~~めっちゃライブで聴きたい!!! 今度Newフェイスやるライブは教えて…?行くから…。

赤と青をメインに光が暴れまくる照明の演出最高、そして映像のカット割りが最高。むちゃくちゃ格好いい。2曲目から最高潮持ってくやん、これは絶対いいライブになるじゃん…。

 

3.FLAME

いやぶち上げるね!? そしてほんと今回ビジュアルめちゃくちゃいいな…みんなめちゃくちゃ格好いいよ??どした??(どしたとは)

……ウッ、カメラ目線でニヤッと笑った大智さんに一瞬心を奪われそうに…………。その表情はずるいよ…ラジオのセパタクローのあの子の気持ちがわかる…イケメンすぎる…。この大智さんまじでやばい、2番の「その目を開けたならShining sun rising」のところね、0:12:39~0:12:40の一瞬ね。

あ~~お立ち台でギター鳴らす昌暉さん格好いい、キーボード柊生さんの指が綺麗~~(泣)みんな格好よすぎてやばい、なんだこれ。照明もほんといい。

 

4.TENKOUSEI

ギター弾きながら昌暉さん、大智さん、柊生くんの方順に見ていく匠海さーん! アァーーーッ「脳内はもう君だけに」のとこ、歌いながらちょっと斜めの方見ながら微笑む匠海さんにキュン死……。(キュン死って古い?古い????) ドラム叩きながら優しい顔してる大智さん…え、素敵………。

煽られたらすぐ歌えるオタク最高〜! 「聞かせろ声を!」とーいさーーん!

このエアバンド時代の曲を「演奏してる」って結構すごいことだと思うんだよな……だって彼らが歌いながら弾く用の作られ方してないだろうし、プロ演奏前提の仕様になってたはずじゃん…。音源まんまの音を弾いてるわけじゃないかもしれないけど、いつもすごいなーと思う。

あっ、ピック投げる昌暉さ…ん……(バタッ

 

(ここMCよな、MCは収録されないのね 泣)

 

6.That’s My Life

ほんとみんな輝いてる…DISH//この曲好きだよなと思うし私も好きだよーって思う(笑)

「この一瞬は儚いぜ」の昌暉さん格好よかった…。

こんなね、こんなイケメンたちがこんなに汗かいて歌ってくれてるんですよ…それ以上他に何を望む?これでじゅうぶんだろ?…っていう…気分になる…。

 

7.どういうことなんだい?

爽やかな時間帯だな…。この緩急もDISH//ライブの魅力。にしてもファンの一体感がすごい、盛り上がるときは盛り上がるし聴くときは聴くし。

匠海さんってほんとは地声結構低い人なのかもな…と思った。この曲は本人にとって高めな音域なのかもしれんな…なんとなく。音源と全然ちがくて、ほんとにナマ歌で歌ってんだな〜って思う(笑)

客席を、ファンの人たちを見ながら歌う匠海さん…。こんな顔見たら、大事にされてんなぁと思うしほんとにこの人のファンでよかったと思った。

お立ち台に座った匠海さんかわいい……「守りたい、この存在を」って感じ(突然何)。

 

8.ただ抱きしめる

セトリ神かよ………。柊生さんのピアノお美しい~!!

こんなん…こんなん…やばいて…こんなん目の前で歌われたらもうそれはプロポーズでしょ…(概念)。 この空間で生で聴いた人尊さで失神しなかった?大丈夫?

この曲×北村匠海の声はほんとにずるいんですよ、これはほんと後世に残したい名曲なんですよ…。(でもバラード後の「ありがと」、なんだろうやっぱりわろてまうごめん)

 

9.HIGH-VOLTAGE DANCER

うわぁぁ昌暉さん踊ってるぅぅ器用だな…「きっとHIGHになっちゃって」の手を上に上げる振りのところ、下からのアングルの映像天才すぎる、ほんと今回映像が神がかってるんだよ…あとでじっくり褒めそやす!!!

あ、匠海さんも踊ってるわ器用だなほんとに…。柊生さん、実は歌がお上手なんだよね普通に。格好いいですね…。そして寡黙な大智さんも格好いい、さっきの(FLAMEの)ニヤッから私は大智さん贔屓ですよ、大智さんめっちゃ格好いいよ…。アーーッカメラ目線やめ、イケすぎてる、やめろ…。

あ~~~ラップーーーー龍二ー!ほんとに惜しいよーーー!!!!

最後双子ちゃんの横並びで終えるの…最高…。

 

10.BEAT MONSTER

忙しい、柊生さんが忙しい、みんなも踊って歌って弾いて、いったりきたり、いやほんと忙しい、でも楽しい(笑) 叫ぶように歌う匠海さんも昌暉さんもめっちゃいい。大智さんカメラ目線やめ…ろ……うそもっとして…。

ヘドバンしながらよく歌えるな、踊りながら楽器弾きながらよく歌えるよな…、DISH//ってすごいよな(改めて)。

 

11.JK//

きた、大智さんがついに前にくる曲きた! 「いちにっさんハイ!」「女 子 高 生 !」この集団ほんとなに……楽しいけど(笑)

全員わちゃわちゃのびのび踊ってるDISH//かわいい、すき。やっぱり私は歌って踊ってるイケメンが好き!w 「チュッチュして」の前、柊生さんに笑っちゃってちょっとつまる匠海さんめっかわ、お立ち台にぴょーんって乗る大智さんめっかわ…。ごめんなさい言わせといて悔しがる柊生さんwww

この曲ほんとね、鍛えられた美声で何を叫んどるんだと思う(笑)

「みんなと忘年会出来て嬉しいよー!」柊生さんほんとライブの男!こゆとこ!すき!「I need you forever」のハートマークから撃ち抜く振りの顔イケメン過ぎて勝手に撃ち抜かれた。最後昌暉さんギターかっこよ…。

 

(ここJK//終わりからそのまま次に繋がる流れ最高……格好よすぎて一周回って笑ってしまった)

 

12.GET Ur BODY

いやこの曲やばい、最初柊生さんと大智さん、次いで昌暉さん…めっちゃいい…。「いまHANDS UP BABY」ここらへん大智さんだったんか…うわやばい、これ、サビまで匠海さん歌ってない、だと…? やばい、これはやばい、3人の歌声に堕ちるやつじゃん…。

ほんで踊りながら曲なのね、バンド曲じゃないのか…。ってちょっとまって、えろ、ドルフィンみたいな胸なぞっていく動き、えろ…。そのあとゆるやかに横に腰揺らすのもなんか…なんだろ、セクシー…。大智さんめっちゃ歌うしめっちゃ踊ってる…すごい、めっちゃ踊ってる…(ちょっと踊りうまくなったね…)、うそでしょかっこいい…。FLAMEのカメラ目線とこの曲で大智に堕ちた人5万人おるやろ…。いや昌暉さんもかっこよ……やば…。

この曲まじで匠海以外の魅力をここぞばかりに大放出したな、4人が同じ量の魅力を目の前に置いていった感じだ…選べない……。

 

13.I Can Hear

始まり方がオシャレ…。ペンラが綺麗、歴史の長い曲はほんとに揃い方がすごい。掛け声の「きみがついてる」これ言いたいなーー!!(笑) しかしハードだな、…昔の曲を演奏してるってすごいと思うのよ…(2回目)。

ん~~〜ライブで聴くと歌詞がエモい。「聞こえるよきみの叫びが」ってライブで歌われるの、エモ……。

 

 (MCも入れてほしかったよ〜!!!!!!)

 

14.サクラボシ

名曲なんですよこれは…ほんとに……。上から降ってる照明が綺麗…。

この真っ直ぐな、伸びやかな歌声を守り続けてほしい。(しっかしほんとファンの統率がとれてるな、すごいな…。) 

昌暉さんこのナポレオンちっくな模様の衣装似合いすぎでは!?(今!?)

「桜の花びらに何を思う」の双子ハモリ最強、いや全体的に双子さんのハモリ最強……昌暉さん…あなたちょっと…素晴らしいね……今まで気付かなくてごめんだけど、このライブほんとうにコーラスがいい、音響の関係なのかな、コーラスがほんとにめちゃくちゃいい。うまく寄り添ってて、一緒に歌の波に乗ってる感じですごく綺麗。

ところで匠海さんファンデなに使ってる?頬のほくろのとこ、めちゃくちゃうまくカバーできてない? 照明かな……もしや加工かなw

 

15.birds

北村匠海の声の「優しさ」と「強さ」が堪能できる一曲…。あとやっぱ昌暉さんのコーラスの美しさ。

やっぱりラップの後ろでなに言ってんだろうな~~~って、今歌詞検索してよくよく見たら書いてあるやん、「未来の通り道を見て」、これじゃん! ずっと思ってたもやもやがスッキリしました…(笑)

「世界でいちばん〜」の左斜め下からの匠海さんどアップめっちゃいい…!ありがとうございます…!!

 

16.こくっちゃえっつーの!

きになるあのこにー!\キャーー!/…って言いたい、こくっちゃえ、私もナマで聴きたい!!!!!!!

風船でわちゃわちゃするDISH//可愛いかよ…。でも視界塞ぐやつだなこれ(笑) 

柊生さんの笑顔…大智さんの笑顔…匠海さんの笑顔…昌暉さんの笑顔……みんな可愛い…ありがとうな…。やっぱり今回昌暉さんのコーラスのボリューム高いよね!?こんなに歌ってたんだな…めっちゃ…よい………。

最後「え~橘柊生リア充ですありがとうございます」、きみまろみたいw

 

17.東京VIBRATION

こくっちゃえからの!これ!! テンションぶち上げだなほんとに。セトリやばい。

お立ち台の昌暉さんかっこよ、と思ってたら大智さん、ほんとカメラ目線でニヤッとしないで、ねぇ!ずるい!それはずるいって!! ラップ早口柊生さんすごい。「いくぞ」大智さんんんん!!!! そしてお立ち台昌暉さん…かっこよ…息切れからの持ち直し…尊い………。CD持ってるといたん…可愛い…。アァアアお立ち台でギターかき鳴らす匠海さんと、お互いを時々見ながら演奏合わせてる双子ぉぉ!!!!ワーー!!(全体的にやばいテンションの感想)

 

18.サイショの恋~モテたくて~

冒頭貴重なコーラスオンリー! 「前から後ろ」ところの志村けんみたいな動きする匠海さん可愛い。サビでゆる~く踊ってる匠海さん…楽しそうでなにより……。今回全体的に歌い方、声太めだなぁ。いろいろお試し中かな。「きっと叶わぬ」のとこで匠海さんがDJみたいな手横に振る動きするのが好き…。

 

(ここの音途切れず次に行く繋がりが最高、ドラムメインで、照明バカーーンって当てられてる大智さんが格好よすぎる、そしてこの先が僕やりとかもう最高を超えてくる…)

 

19.僕たちがやりました

後ろからビャーーってなってる照明が最高、レーザーみたいなやつ、めっちゃいい。匠海さんの「しでかしたい」の息抜く感じの歌い方すき。映像も比較的細かくカット割りされててチカチカしてる感じがすごく曲と合ってて、そして各アングルが最高…。ハーー、格好いい………、ほんと、みんな格好いい………(語彙力の蒸発)。

 

(シンバル2音で間髪入れずにJUMPer、繋げ方天才かよ)

 

20.JUMPer

ファンのペンライト越しのDISH//、っていうこの画、もう最高じゃん…。ほんとに映像がいいこのライブ。照明も最高。もうJUMPerは最高、ほんとペンライト綺麗。この曲これまでの曲より全体的な光量が多いのか、映像がくっきりなる感じがする。DISH//とファンの間の幕がなくなるイメージ。

 

声出し

「親愛なるスラッシャーとはじめましてのみなさん」全方位に優しい声掛けだな~微笑ましい…。「準備はいいかい?」も何かすごく優しくて、私もこれ言われたい…ってなった(笑) このライブめっちゃ行きたかったな、映像化ほんとありがたいな。

匠海さんが楽しそうでなにより…。「そんなもんか新木場ァ、お前らもっと声だせるだろオイ」この言い方、かつん担の血が騒ぐねぇ……命はねぇからなも言ってくれていいんだよ…(笑)

 

21.勝手にMY SOUL

いぇーー!! や~ファンの声(音量)のバランスも丁度いい、このDVD作ったのだれ…?天才…ほんとに。あっ、ちょ、「信じろ自分」のとこの下からの大智さんカット入れたの誰!!まじ天才!!!!お中元送るわ!!!!!!

「あつくなろうぜ 夢見ようぜ 待ったなし 人生謳歌」あ〜ほんといい曲だな、ライブ中だとよりズドンとくる歌詞なんだよほんとに。ほんとにすき、この曲。最後の「せーのっ!」「勝手にMY SOUL!」あーーー最高。ふいうちしろめも愛するよ…(笑)

 

22.愛の導火線

ヒャーーーここでかー! 柊生さんニヤッと笑うのずるいよ〜すき〜! 匠海さん「愛を打ち抜いて」の歌い方好きだな~!

演奏ピタッと止まって「止まる気しない」ニヤッと匠海さん、ハーーーー!!!!この瞬間だけは日本の女性人口6千万人が匠海の女になったわ……。

って、最後ぉぉぉwwwwww こんっだけ盛り上がって完成度の高い2018年最後のライブの締め、「やべー!!」で終わりってまじ匠海さんwwwww みんながキラッキラの笑顔がからいいけどね…。おーーーっと、髪かきあげる昌暉さん美し…。

ってDVDこれで終わるんかーい!最後の声「やべーわ、やばかったわ」で終わるんかーい!!!!!!www

 

 

 

最後はもうちょっと映してほしかった気もするけど、とにかく最高のセトリで最高のライブでしたね…。映像化ほんとにありがとう~!!

 

この忘年会、DISH//というグループの魅力と「この4人」である強さを見た気がした。「北村匠海の所属するバンド」ではなく、「DISH//」という強さ。

北村匠海の魅力はもちろんじゅうぶん見られるんだけど、決して引けを取らない矢部昌暉橘柊生泉大智の、3人の魅力がめちゃくちゃ出てて、それがちゃんとこっちまで届いたライブ映像だったなと。

今まで3人に魅力がなかったとは言わないけど、見えづらかった部分はあっただろうし、ボーカルで俳優業もたくさんやってる匠海さんが注目度がいちばん高くて、あらゆるところで目立ちがちだったのは確か。事務所も今まずとりあえず彼の知名度を上げようとしてる感じに見えるし、俳優とこういう(アイドル的な活動もやる)音楽活動の両立ってきっと想像以上に大変なんだろうなと思うけど、どちらかひとつに定めることをしない(ときっと本人が決めた)以上、バンドのボーカルと映画W主演クラスの俳優業、仕事の量が多くなるのは当然といえば当然。仕事=露出が多い=注目度が高い、だし、注目度≒需要ともいえるし、知名度を上げる≒ファン予備軍を増やしてるってこと。需要が次の供給にも繋がってくるので、どうしても匠海さん人気ループが出来上がるよね、そりゃ。ひとり仕事量やばいループとも言う。

芸能界や音楽業界に際立って興味を持ってなければ、普通に生きてて「勝手に入ってくる」情報源ってやっぱりテレビ(今はだいぶネットも増えてきたけど)が割合大きくて、地上波を押さえてるジャニーズやLDHってやっぱり強いんですよね。ふいうちで興味を持たれる頻度が違うから。私は自分で“テレビよく見る方”だと思ってたけどそれでも自分が既に好きな番組と好きそうなドラマ追うので精一杯だから、新しい人たち、特に音楽方面の流行りとかなんて全然知らなかったんだな、と、DISH//を好きになってから気付いたし。世界は結構広い。メディアに出て、「知ってもらう」ことって、本当に大事。

………なんか話が逸れたけど、かく言う私も匠海さんきっかけでDISH//を好きになったし、DISH//の中で誰かと言われれば匠海さん推しとしてファンやってきた。だからこのライブ映像見て、知らない3人の姿がたくさんあった。知らなかった魅力がめちゃくちゃあった。

昌暉さんの、「縁の下の力持ち」な存在感。コーラスの美しさ。この声に支えられた“匠海の歌声”が私の好きなDISH//の歌声だったんだなと思った。柊生さんの盛り上げ隊長ぶりは以前から知ってはいたけど、こんなにライブで輝く人だったことを今回再認識した。大智さんの格好よさ、いや、これはほんと今の私の感情にいちばん近い言葉は「計算外」だと思う。こんなはずじゃなかった…!みたいな沼がすぐそこにある(笑) まだ落ちてないよ、落ちてないけど、うっかり水たまり踏んじゃったくらいの感覚はある…ほんとにあの格好よさなんなん…。

ほんとに4人それぞれにめちゃくちゃ魅力があって、めちゃくちゃ格好よくて、それぞれがほんとにしっかり「DISH//であり続けよう」としてるんだなと思った。みんなちゃんと、DISH//が好きで、誇りに思ってるんだな…みたいなことを感じた。なんとなくね。「俺は扉だからね」と匠海さんが自分で言ってたように、北村匠海きっかけでも、その他のきっかけでもなんでもいいから、これから先の未来にもDISH//というグループの魅力に気付く人が増えていくといいなと思う。もう追いつけないよ、ってくらい遠い存在になってくれ…!今の彼らを好きになれただけでじゅうぶんだ。(謎の菩薩モード)

 

そしてこのライブ、セトリの神がかり度もすごいしセットも格好いいし照明等の演出も素晴らしいんだけど、ライブ“映像”として、映像や音の作りがとにかくよかったと思う。カメラ割り、いいアングルからの画、音響のバランス、全部めちゃくちゃよかった。何台カメラあったんだろう……固定カメラめちゃくちゃあったように思ったけど、いつも通り?カメラマンも結構動いてたのかな…。もうほんと各所でアングルが天才的だったし、固定の映像のチョイスもほんとに最高だった。編集最高。個人的にライブ映像で必要以上にファンが映るのほんと嫌いなんだけど(誰が一般人観たいねんと思う)、会場の様子もそういう「ここいらん!」みたいなの全くなくて、本当にうまいこと、ファンとの一体感が見える全体の画とか、ペンライト綺麗だな〜って思える瞬間とか、メンバーが見てるにの近い景色の抜けとかが織り交ぜてあって、とにかくもうめちゃくちゃよかった。ほんと誰この映像作ったの、ファンレター書きたいしお中元送りたいよ…ありがとうございましたほんとに……。

 

DISH//は、龍二さんの不在という永遠に埋まらない穴を抱えながら成長していくグループなのかもな、ということを映像を見ながらふと思った。いた頃をリアルタイムで知らない私からしても、音源の歌割りが耳に残ってるとどうしても曲中に「あーここ龍二さん~!」ってなることがあって、そういうのってきっと完全に消し去ることは出来ない。ファンからも、きっとメンバー本人たちからも。でも、その不在を抱えながら歩いていく、それでいいのかなと。彼のいた過去を消したいわけじゃないだろうし、消えるわけでもない。そういうちょっとした憂いみたいなものがあるところも、好きなんだろうなぁ、私はきっと。

 

とにかく本当に素敵なライブで、最高の映像でした。えーっとこの素晴らしい商品、DISH//3rdアルバム『Junkfood Junction』初回盤Aの特典ということで、CD16曲入りと合わせてたった6,000円! Amazon楽天なら約5,000円!安い!!初回盤だけどまだ各所在庫ありますね!よかったらぜひ!!!(笑)

 

www.amazon.co.jp

 

books.rakuten.co.jp

 

次こそこのアルバムの曲感想書きます!それでは。