ゆめをたべてく

いろんな好きを掛け持ちする飽き性

あいみょんに救われた話

壮大なタイトルをつけてしまった。
そんな大したことじゃないけど、私にとっては大したことだったので、今の気持ちを書いておく。

 

ほんとうはここで話題に出すことで、もしも1PVでもかの記事を書いた人が得をするような事態にはなりたくないのだけど、挙げないと書けないので、書きます。……ってこんな勿体ぶることでもないんだけど、まぁ、推しが、あのあれ、要は報道されたんですよ。前回は砲の方でしたけど、今回は金曜日さん。PV上げたくなかったけど、気になる気持ちに負けて1回だけアクセスして、課金したわけじゃないけどマガジンサブスクみたいなやつで内容も読みました、一応。

 

こういう話をするときの前提として、私の推しへの基本的な望みは「(犯罪以外)何しててもいいから隠し通してくれ」です。遊んでても、真面目に付き合ってても、酒飲みでも、チャラくても、なんでもいいから、「推し」の形を壊さない程度に隠し通して、嘘をつき続けてほしいと思ってます。作られた虚構を愛しているみたいなところあるので。
そしてもうひとつの前提として、私が推しに抱く感情は結局、名前を挙げるとしたら「恋愛感情」がいちばん近いと思ってる。そうじゃない感情ももちろんあるけど、半分くらいはそれで、結局「好き」ってなるかどうかに理性的な判断とかない。これに関してはキモイと思われても引かれても別によくて、私はどんな好きの種類で応援したっていいだろと思ってるので、まぁこれで嫌われても私は自分の好きになり方を変えられないし、人は人ですし。(なので私は推しが結婚すると割と冷めるタイプです。好きの種類が変わるというか。単純に「あ、他人の男に興味ねぇわ」って。結婚というか交際宣言とか、本人や公式からの情報だとそうなる。 公式じゃなければ虚像は虚像のままなのでなんとか大丈夫。恋愛感情って言ってて他人の男に興味あったら倫理的に困るしね!??w)

 

で、今回の記事について、前回のときより記事自体からのダメージは少なかったんですよ。というのも、「嘘をつき続けてほしい」にも関連するんですけど、「嘘にできる」ような、要は言い訳できる写真や内容なら、割と許せると思ってるところがあって。プロとして、虚像を守りながら生活してて、それで流れる情報ならそれはもう仕方ない。「週刊誌なに人のプライベート勝手に公開しとんじゃボケェェェェ!!」っていう方向に感情を向けられるし、「(撮られる=注目度が高いということなので)売れたなー!」とかも思えるし、許せる、というか、許すと決めて、そう思うようにしてる。今回のは私の中のそのラインを全然越さなかったので、理性的にはもう全然。「前回から成長してる…!」とか思ったくらい(笑)

でもここが心の難しいところで、いかに理論的に、理性的に「仕方ない」「推しは悪くない」と思えても、それが本当に本当に確かに存在する思いでも、同時に「女おること知りたくなかったーーー!!!!いやまじつら!!!!!!」って感情があるわけですよ、いかんせん、抱いてるのは半分恋愛感情なので。

 

知り合いたちと記事について話して、笑い飛ばしながらも正直結構モーーーンとしてました。えぇ、だって失恋ですもん。擬似恋愛の、擬似失恋です。なんかこう書くと「推す」って、永遠に失恋しながら片思いしてるようなもんだよね……切な…。
そんな中で映画の配信イベントがあって、それはまぁ普通に楽しめて、あぁよかったなと思って。
そのあとで何の気なしにあいみょんを聴いたんです。本当にたまたま、一番最近出た『裸の心』を。

open.spotify.com裸の心 あいみょん 歌詞情報 - うたまっぷ 歌詞無料検索

冒頭の「いったいこのままいつまで 1人でいるつもりだろう」、この一文でもう落ちた感覚があって、この時点で既に共感度が100に達してた。と思ったら、そのあとに流れる歌詞がもう全部全部、その時の自分の感情を言葉にして、消化して、ポンと心から取り出して「ほらこれ、ここにあってもいいんだよ」って見せてくれたみたいな、なんていうんだろう……、「肯定」かな、全部素直に肯定してくれたように感じた。
この歌にはどこか祈りのような、届かない間だけ存在するからこその美しさとか儚さみたいなものがある気がしてる。「実りますように」って願ってるだけで、「そう思わせて」と少しだけ相手に問いかけているだけで、「受け止めて」と言ってはいるけど、ほんとうには返事を求めていないというか。まぁ勝手にではあるんだけど私はそう感じてて、とにかくもう、なんか、「あぁ好きでいていい、好きなうちは好きでいればいいんだな」と思えた。
…というのも、(基本的に自意識過剰な重いオタクなので)こういう報道があると、「売れたなー!」と思う反面で絶対、推しにこんな思いをさせる間接的な原因になるファンってなんなんだろう、自分ってなんなんだろう、みたいな気持ちになるんですよ。せっかくたくさんの喜びとか楽しさをもらってるのに、返すのがこんなものなのかと思っちゃう。いやもう、面倒くさい思考回路だってことわかってるけど、でも思わずにはいられない。
でもそういうぐるぐるモヤモヤした感情も、単純に失恋したみたいな悲しい気持ちも、この歌が救って、天に昇らせてくれた、みたいな。(笑)


モーンってしてたのが一気に軽くなって、もうほんとうにあいみょんありがとう!!!!って思った。

 

そしてそのあとに流れてきたのが『恋をしたから』。

open.spotify.com恋をしたから あいみょん 歌詞情報 - うたまっぷ 歌詞無料検索

はいもうね、あいみょんパイセン~~~~!!!!!!(泣) 一生ついてく……。
『恋をしたから』とのシンクロもやばかったのよ、ほんとこれ、私の感情これ。これです。でも私の自覚ではこんなに綺麗じゃなかった。こんな風に認めてもらえるような感情じゃないと思ってた。でも、この歌が存在したことで、やっぱり勝手にだけど、肯定された気持ちになれて、私は本当に救われた。

 

いやまじで、あいみょん天才よな???????? ずいぶん前から知ってたけど今改めて思う、この人は天才だわ……。

 

シャッフルで聴いてたからそのあとに『貴方解剖純愛歌 ~死ね~』が来て、ほんとあいみょんのよさってこういうことやねん……とひとりめちゃくちゃ納得してた。独占欲とか、嫉妬とか、即物的な欲とか、そういう恋とか愛の生々しさみたいなところを描くのもスペシャルうまいやん。「死ね。 私を好きじゃないのならば」って最高では? 誰かを思うときどっかでこういう感情絶対あるもん、私にはあるから、こうやって形にしてもらえることでそれを吐き出せたような気持ちになれて、めちゃくちゃ身体にいい…。あいみょんは身体にいい。(笑)

 

あと推しうんぬん関係なくあいみょんのことを書くと『生きていたんだよな』の鋭さと『あした世界が終わるとしても』の力強さがめちゃくちゃ好き。この曲に救われた人がいるんだろうなと思うし、というか、過去の暗闇の中にいるような気分の自分が時間差で救われたような気がする。

生きていたんだよな あいみょん 歌詞情報 - うたまっぷ 歌詞無料検索

あした世界が終わるとしても あいみょん 歌詞情報 - うたまっぷ 歌詞無料検索


結論、あいみょん天才。「生きてること」を描くプロだわ、ほんとに。同じ時代に生まれてよかったー! あいみょんに出会ってよかったー!!!! ほんとにほんとにありがとう。あいみょん様も、その楽曲に出会わせてくれたいろんなもの全てにありがとう!!!!(すぐ規模デカくする)

 

というわけで救われた話、以上です。
なんかよくわからん内容でごめんーー!(と言いつつ別にスタンスは変えない!私のブログなので!w)

 

こんな面倒くさい奴ですがお付き合いいただける方は今後ともよろしくお願いします。