ゆめをたべてく

いろんな好きを掛け持ちする飽き性

日比谷野外大音楽堂公演17'秋 『MUSIC BOIN!!』 ダイジェスト

www.sonymusic.co.jp

ひょんなきっかけでこのダイジェスト映像観ましたので感想をば。
というかPCでメモしながら観てたので、最後の方感情のままに荒ぶってますがご了承ください。


①リハーサル風景
まず思ったのは圧倒的雨!!!!! よくこんな状況でライブやろうと思ったな……(笑) でもこの2020年にコロナでこんな世界になる前は、ライブって普通に決行するもんだったんだよな。今「中止」「延期」に慣れちゃってるけど、当たり前のようにやる決断が優位性を持つ時代は確かにあったんだよな~~~~~。
次に思ったのが「龍二さんがいる…」です。そりゃいるんだけど。龍二さんがベース弾いてるの愛しいわ~~~~。
そして僕やりの衣装(白地に文字が書いてあるやつ)、格好いいな~~!! ドラマ『僕たちがやりました』で、この衣装のDISH//を確かに観てるんだよな私は。全然スルーしてたし、その瞬間の私に「この人たちにハマりますよー」って教えてもたぶん信じない(笑) 
リハ終わりにメンバーがスタッフさんに向けて「楽しみましょ~!!」とか言ってるの聞いて、彼らは10代から大人たちが作るものの矢面に立ってずっとやってきて、それがだんだん自分たちも楽器覚えて制作に関われるようになって、ガワだけじゃなくて気持ち的にもちゃんと前に立てるようになっていったんだろうな、という歴史を勝手に想像してしまった。どんどん出来ることが増えて「大人」の中に入っていけるようになるの、彼ら的にも楽しかっただろうな。

 

僕たちがやりました
冒頭スモークで本人たち見えんの笑うwww
衣装めっちゃいい!!!!! 私が行ったライブでは揃いの衣装見たことほとんどないから、5人揃いの衣装、めっちゃいい。しかもこれ、格好いい……。衣装がダサくない、これとっても重要ですよ。
そして匠海さんのビジュアル……………やばい……好きすぎて白目むくわ(どんな)。この輪郭、この美しさ、すきしかない……。てゆうか龍二さんもまーくんもといくんも大智くんもみんなイケだわ。みんなバンバン女抱き捨てとるやろ、っていう妙な爽やかさと色気の入り混じったイケだわ…(いやだからどんな)。
あと日比谷のこの会場客席が段になってて見やすそうだなと思いました。
あーーーーーーーーー龍二さんの歌声まじでいいなぁ、アクセントでスパイスなんだよねいい具合に。まじで惜しい。
このライブ行きたかった、このDISH//に出会いたかった!!と強く思いました。

 

③FLAME
盛り上がりやばい、楽しそうすぎる!!!! お客さんもこんだけ雨降ってたらもうはしゃぐしかないよね…(笑)
そんで髪……! 匠海さん濡れ髪×かきあげはやばいっすわ。このころ匠海さんは二十歳とかですか?ハタチのキタムラタクミ、ビジュやばすぎんか、いや知ってたけど!!!(メ〇カリで生写真探したもん!!!w)
それにしてもびしょびしょ……楽器…心配………。だって柊生くんまで濡れてるって相当じゃない? まじで楽器大丈夫だったんかな?

 

◎MC
「シャンプータイム」とか「日本に台風来てるんですよぉ」とか「水たまりボンド」とかわちゃわちゃDISH//和むわ~。大人に「極力濡れないでほしい」と言われるが無視するヤンチャさがいいよ! 「風邪ひこうぜ!!!」とかもう今のご時世言えないもんねww
龍二さん「6年目だけどこんな雨の中ライブすんの初めて」って言ってたけど、ここからDISH//野外=雨の伝説は始まったのですか??

(わちゃわちゃMCしながら衣装替えしてて、セットも両脇にも奥にもモニターあって、このライブ予算多めだったん? 今後のライブでも衣装替え何回かしてくれてええんやで??などと思うなど。笑)

 

④JUMPer
先日の配信ライブで私は初めて体験した(と思っている)「Getting SKYHiGH!」の高音バージョン、この時からやってたのね…!(もしかしたら最近もずっとやってた?)
そしてやっぱりすん………ごい雨wwwwwww よくライブやったし、よくマイク死ななかったな…。もう髪のセットもクソもない状態なんだけどそれがなぜかめちゃくちゃ格好いいんだよなぁ……。
そして匠海さんの歌声が、デビュー当時から辿ったとしたらちょうど安定してきた頃合いなのかな?と感じた。声量もめっちゃ出てるし。というか、この歌声こないだの配信の時と似てるな? 配信の感想で『匠海くん歌めっちゃうまくなった…? なんか計らずも自粛期間という休息を経て、そしてMステという経験を経て、なんかこう…「抜けた」感じが歌声にもめっちゃ表れてたように思った。すんごい気持ちよさそうに歌うようになった』って書いてたんだけど、もしかして元々この歌声に一回到達してて、ここ数年のいろいろとか忙しさでどこか切なく苦しそう(でもその感じが結構好きだったりした)な歌声になってたのか……?? もちろん勝手な解釈ではあるけど、そう思うと去年とかほんとにいっぱいいっぱいだったんだな…。そりゃまぁあの仕事量やってりゃなぁ……、だってファンとして追ってるだけでもめちゃくちゃ忙しかったもんまじで。次から次へと…!アーーー!!ってなったもん。w


⑤皿に走れ
といちゃんが上、龍二さん下ハモのバランス最高じゃん……。龍二さぁぁん…(泣
大智くんに寄っていくまーくんと龍二さんいい。ドラム叩きながら歌う大智さん格好よすぎません? 優勝。
そして匠海さんが客席に降りてももみくちゃにならない民度…!! 「横浜スタジアーーーーム!!!」にいつか行けるといいよねぇ……ほんとにね。そんな日が来るのかなぁ(情勢的に)。

 

⑥Loop.
ダンスバージョンやばい。これが観たくてこのDVD観始めてん。YouTube様様ですねん。

www.youtube.com

両脇がモニターになってて上に人も立てるこのセットまじええと思う。またやってほしい(4人じゃ持て余す気もするが)(だからほんと5人のバランスって最強だったと思う)。
しかし大智くんこういうリズム打つみたいなゆるいダンス、普通にうまいよね……。まじみんな普通にダンス踊れるんだよなこんなに……。この曲自体がめちゃめちゃ好きなので贔屓目あるかもだけど、この振付もめちゃくちゃいい…。もうすきでしか!!!!!!
「It's Gonna Be Alright」らへんのといちゃんの下ハモたまらん。ん~~何回も言うけどまじでダンスバージョン好きだわ。そしてよくこのびしょ濡れの床で踊ったなぁ(笑)


⑦猫
柊生くんアップから始まるのを観ながら、あんな踊れてピアノまで弾けんねんで……すごいよな…、と改めて。
からの匠海さんアカペラぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!! 泣いちゃうわ……、『猫』自体は別れの曲だけど、私にとってはDISH//との出会いの曲だし、特に出会った映像が(このライブ映像ではないけど)アカペラだったので、その思い出も相まってグッときた。
そしてやっぱりこの頃のまっすぐで優しい歌声と、今(いちばん最近観た配信ライブ)の歌声はどこか似てる気がする。約2年前、このすーっと突き抜けるような歌声に惚れたんだな、きっと。
そう思いつつも聴いていくうちに少しずつ「かわいさ」みたいなものも見えてきて、単純に声の若さもあるだろうけど、表現力?とか経験値とか、そういうものが今より乗ってない、でもこの時はこの時にしかない美しさのある歌声だなぁとしみじみ。そしていい曲だね。
ステージの水たまりに反射したボーカルの映像はエモですね。歌いながらドラム叩く大智くんすき!!!!
……え、最後アコギ1本になるの最高では?????? なにちょっとこの演出またやってよ……………

 

…って思ってたら、嘘だろぉぉぉぉ!?????終わり!???!?!?!?!?!? 機材トラブルと聞いてはいたけどガチすぎん?データ消失ですか?ほんとにないんですか?まじですか??????
泣くわ、普通にこのライブフルで観たすぎるんだが……。ちょっとレポ…レポ残ってないの……ねぇ映像ないの嘘でしょ………この際密録でいいから映像くれよ…(密録はダメです)。
6曲しか観てないけどこのライブ絶対私すきだもん。嘘でしょ…。「めちゃくちゃいいもん観た!!!」っていう高揚感と「存在したはずなのにもう絶対観られないフル尺ライブ」への絶望がえげつない……泣きそう………。
ちょっとまじ誰かこのライブについて語ってよ…ホントに伝説の一夜じゃん………。


や、ほんとまじでやりきれなさが襲ってくるけど総括いきます…。

 

全体的にみんなめちゃめちゃピュアだった。なんやかんやこの映像が後世に残ることには心から感謝したい。この瞬間にしかない輝き。尊い。素晴らしい。今は今の4人でDISH//だけど、DISH//が最初の4人、そして5人でいたという事実は消えないからね……。それを振り返る手段があることがひとまずは嬉しい。
当たり前だけど、みんな本当に若い。それは単に年齢だけのことではなく、もちろん彼らのその先を知ってるから思うのかもしれないけど、この時から今に至るまでの約3年に彼らに起きたことを思うと(その全てなんて到底知らないにせよ)本当にこの数年間にいろんな苦汁をなめて、いろんな決断をして、いろんな責任を背負って、今の彼らになったんだろうなと思える。そのくらい、この彼らは若い。もうほんとにピュアだもん、心の中に汚水ないもん全然。「5人でこれからやってくぜーーー!」っていう、それまで抱えてた迷いを吹っ切ったような清々しさ。当時のこの記事(DISH//にとって「MUSIC BOIN」とは何だったのか? 雨空の日比谷野音で伝えた音楽への情熱 - Real Sound|リアルサウンド)に

最近のインタビューでは「今まで本当にいろんな方向を向いてきたけど、生演奏バンドとして進んでいくべきだと確信できた。そろそろ『DISH//って面白いよね』を脱出したい」(匠海)とも語っていた

とあり、大智の加入でその前よりも強く、バンドとして歩く道を選んだのがわかる。今見てもこの5人のバランスは正義だなぁと思うし、そう思わせる、グループとしての強い魅力がこの時のDISH//には確かにあった。5人で踏み出した新たなステージで、ようやく地に足をつけられた安心感と安定感。みんな、努力は報われると信じていて、その努力をきちんとして成果を一つ掴んだ、みたいな達成感と向上心の顔してる。努力でどうにもならないこともあることを本当に知るのはこれから、って感じ。
…ってまぁ知らんけどな!!勝手にそう思っただけです。
とにかく、無垢な美しさといずれ失われる若さという儚さみたいなものが共存している、とてもいい瞬間の彼らを見れて本当によかった。ゆえにフルで残ってないの本当に悲しいよ!!!!!


はい。
あまりにも好きなライブだったのでうっかり感想とポエミー総括書いてしまった。人にもグループにも歴史あり!!! みんな幸せになりますように!!(笑)
いつも終わり方がわからないので、まぁこんな感じで。次こそふりふらの感想を…!