ゆめをたべてく

いろんな好きを掛け持ちする飽き性

5/1 DISH// Spring Tour 2021「X」 名古屋①

DISH// Spring Tour 2021「X」名古屋行ってきましたー!

f:id:lacht:20210502043303j:image
久々の有観客ライブ。やっぱり生でないと味わえないものがあるなと思うと同時に、受け手からすると配信での価値もそれなりにあるなといろんな気付きを得ました。なんにでも良し悪しあるものです。
総括的には、いい意味で全然変わってない「DISH//のライブ」だったな〜〜〜〜と思いました。楽しかった。あと大智くんは最近えちえちの実を食べたのだと思います。まーくんも色気どばどば。変わってないといいつつ、しっかり大人になったDISH//を感じた時間でもありました。

 

ということで以下セトリ含めネタバレ込み込みです。各々自衛等よろしくどうぞ。
あとだいぶ他の人(ほとんど はらさん @ktmr1103tkm )のレポ引用したりしてますので、そのご本人のツイート見た方が早いと思います。

 

【5/3更新】5/2の公演を経ての訂正や追記、緑色で書いてあります~~

 

<セット> 印象的だったので書きました(イラストと字、下手か?)⇒変更:手書きが下手すぎたのでデジタルで作りました(何してんの?)

f:id:lacht:20210508213923j:image

・ステージ上に菱形の立つところが4つ(1人1つ)
・上に×の形の照明(デカい)、枠光る、上下に動く
・菱形は枠も光るし中も白く光る、枠は色の変更もある
・たぶん四角の中から×を抜いて残った菱形4つ、みたいな配置(伝われ)
・(2階席から見た限りでは)匠海くんの高さが0だとしたらといちゃんとまーくんが1、大智くんが2段階上のに段々になってる


曲ごとに感想です。メンバーの言葉は全部ニュアンスで読んでくださいませ~!

 

1. ルーザー
ペンラ消しとく意味とは……ってなったけど前の時もそう思ったのでたぶん私にはわからない運営の意図があるのだと思う(笑) 普通にペンラ振りたい曲だったかな個人的には。でも照明めちゃめちゃ綺麗だったのでこれをくっきり見せたかったんだなと思うことにした。
上にある×の照明がいい仕事するんや……でも2階席からは大智くんに被ってて大智くん見えんのよ……そゆとこちゃんとして(笑)
白の照明にみんな黒めのスーツっぽい格好で、色味の雰囲気としてアルバム『X』のジャケとかルーザーMVの世界観っぽさもありつつシンプルに格好よかった。匠海くんのイヤモニとギターの紐(紐て)、まーくんのギターが似たようなターコイズグリーンみたいな色でそこの統一感もよかった。
匠海くんの歌ではない第一声は「ただいまー!」でしたね。匠海くんにとってライブはホームなのかなとほっこりしました。おかえりー!

2. rock'n'roller
(記憶が全然ないんですけどなんでですか)(なんでと言われてもな)

3. ビリビリルールブック
楽しかった! ちょっとだけ懐かしさというかホーム感というか、"知ってるDISH//"が出てきた感じがして嬉しかった。あと照明が明るくなってみんながよく見えた(笑)
「はーい」言えないの切なかったけど案外手の動きだけでも表現できるものだなとも思ったり。とにかく楽しかった!


ここで「改めましてDISH//でーす!」とか言ってたかな?(記憶が……)

4. へんてこ
5. 猫
その曲順なのね!?と。(猫→へんてこで転生物語だと勝手に思ってるのでw 詳細はJJ曲感想の記事に書いたはず)
『へんてこ』めっちゃほんわか微笑む感じで歌ってて和んだ。たぶん照明オレンジっぽくてあったかい雰囲気だった。
『猫』はもう安定の猫。もうこれ一生聴き続けるんやろなって思ってる。『へんてこ』から続いたことによって『猫』の切なさ倍増って感じだった。個人的には『猫』→『あたりまえ』の切ない二乗メドレーも聴きたい。てか『あたりまえ』なかったね!?????
猫ラスサビで匠海くんがほんの少しだけ入りをためて歌ったんだけど、それに対応できるのがバンドならではだと思ったし、まーくんが匠海くんの方見ながらコーラスしてて、「毎回歌い方が違う」って言ってたのこういうことなんやなと実感した。
(あとこれ書きながらセトリプレイリスト聴いてていちばんノーマル猫の音源今聴いたら声全然ちがくて「!?!?」ってなった。時が経つっておもろ……。)

6. 君の家しか知らない街で
照明が青みだった気がする。(記憶よ……)



声出せないから反応が拍手しかできない客席に対して(以下うろ覚えかつニュアンスです)
柊「その拍手はどういう意味なの?」「じゃあこれからわかったとかハイは拍手1回ね」
(バラバラにパチパチ音がなる会場)
匠?昌?「そりゃなかなかひとつにはならないでしょw」
柊「なんかこれ、俺ら生み出したんじゃない? コール&拍手?……ダッサw」
匠「クラップ? コール&クラップ」
(このあと話してる流れで一丁締めみたいに揃うことがあったり)
(でも普通に反応するとき1回にするのか普通に拍手していいのか戸惑う会場)
匠「いやいいよ、柊生以外の言うことには普通に拍手してくださいw」
……いやまじでこの話ここのMCだった? 流れ的にここだったかどこで言ってたか全然覚えてないな…もう1個あとだっけ??

ここに私が覚えてるの追加するとしたら(これもニュアンスだけど)「まだ披露してない曲いっぱいあるんだよね、俺ら的には1年前の曲だしと思ったりもするけど、でもみなさんの前でやるのはまた違うし、そう思うと披露したい歌いっぱいある。そういう意味ではすごく新鮮なライブ?だと思います」みたいなことを言ってた気がする……。
そしてこのあと「それでは聴いてください、Get Power」みたいに曲紹介したんだけど、Get Powerの発音がよすぎて全然聞き取れなかった(超どうでもいい感想

7. Get Power
たぶんだけど照明がめっちゃカラフルにいろんなとこからバンバン出てたかな? 緑がいい仕事するんよ……。
これ聴きながら「あーーーCIRCLEライブ行きたかったー!!」って思ったし、配信だったあのライブに改めて行きたくなったし、だからこそ(配信だったけどあのライブを観たからこそ)ちゃんと"2年目の曲"になってるなと思った。もうCIRCLEの曲たちを1年目の曲として、ライブで初めて披露される新曲、みたいな感覚でライブで聴くことはできないのかと思ったら唐突に「失われた2020年」についてその空虚を実感した気がした。

●インスト曲というか繋ぎの演奏みたいなやつ(ここだっけ…?)


8. KICK-START
マイクなくなってヘッドセットになったからダンスロック来るぞー!と思ってテンション高まったよ。私は踊っているDISH//がとても好きです。
最初その場で歌ってて、といちゃんのショルキー来て、3人で前出て踊って、匠海くんとまーくん菱形の外で踊ったり……って盛りだくさんですごいよかった。動き回るから追うの大変だった、嬉しい悲鳴ってやつ。

9. NOT FLUNKY
文句なしに楽しい! 超盛り上がった! やっぱはしゃぎたくてライブ行ってるとこあるもんね。そして声出せないから一層手振りで盛り上がれる曲の楽しさが際立ったね。

10. 東京VIBRATION
といちゃん冒頭の声掛けみたいなやつ「声出せないからその分タオル振り回しちゃって!」からの「おいライブ久々だからってなまってんじゃねぇのかー!? 上の方さぼってんじゃねーぞ!!」って煽っててみんなでぶんぶんタオルとかペンライト回してぐるぐる楽しかった~!!! あと前の春ツでもたぶんあったぐるぐるの照明が天井に映るやつ今回も健在で嬉しかった。
「だからCD買ってね♡」は『No.1』でした。買いまーす(たぶん)。



匠「もうちょっと休んでいいですか」って言ってたのここだっけ?

「この曲は僕らだけの歌じゃなくて」の話の時に「むしろみんなの歌というか」って、たぶん「むしろ」って言ってたと思うんだけどこの言い回しが匠海くんだ~!と思ったので書き残しておきます。

11. 僕らが強く
×の照明が後半に浮き出てきて他の照明が少なくなって、4人をその×が照らしている画になった時に、この4人が「つながっている」感じがすごくしたし、この4人で客席やもっと外の世界に広がるファンを「つないでいこう」としてるような感覚を覚えて、「×」に込められた意味を改めて考えさせられたりいろんな想像をさせてくれるこの演出がめっちゃすきだった。
たぶんこの曲だったと思うんだけど、前半は×の斜めの部分にだけ流れ星みたいに光が通り過ぎていってて、叶えたい願いを歌ってる曲なんだなぁと思ったりしたんだよな……(とか言ってこの演出違う曲だったらごめん)。

12. 未完成なドラマ
たぶん本人たちこの曲めっちゃ好きなんだろうなと思った。なんかしらんけどすごく気合いを感じた。彼ら、いい意味でお客さん置いてくときあるよね。ちなみにわたしはふつうです、ふつうにすきw


13. バースデー
この曲を初めて聴いた時からやりたかった、イントロ部分、ペンラをふぁ~って上げてくるくる~ってやる動き(伝われ)が出来たので満足です。(そして記憶がないのコーナー)(そもそもこの時点で私はこの曲をNo.1だと勘違いしていました)


柊「久々の名古屋だね! 新幹線も超久々に乗ったじゃん。楽しかったね!」
昌「ずっと寝てたけどな!」
匠?「シート新しくなってなかった?」
?「なってた!」
柊「名古屋はなんか懐かしい気持ちになる。ほらラジオやってたし。名古屋降り立つと時間の流れがゆっくり感じる。札幌と似てるんだよね。なんていうかこの、拭えない田舎感w」
「「(笑)」」
柊「でもほら東名阪札はね、あの~~主要な……」
昌「主要都市?」
柊「福岡もゆっくりだけど、福岡、てか九州はお高くとまってる雰囲気ある」
匠?昌?「めっちゃ喧嘩売るじゃん」
柊「(九州は)美味しいものたくさんありますよ!みたいな」
匠「まぁ我々2人は九州の血入ってるから受けて立つよね(こんな表現だったっけ?w)」
柊「なんで九かもわかんないし」
匠「きっとあったんだよ九個、州が……」
昌「ここ名古屋!!!」(会場拍手)
まーくんのこゆとこすきよね……。あと大智くんしゃべってw

匠「さて、次はゆるりと歌いたいと思います。正直この曲のおかげでね、サウナのお仕事たくさんいただいてます。ほんとサウナとかでもよく言われるの! SAUNA SONGいいっすね、って。ほんとよ?」←ぽやぽやにこにこしてて可愛かった

14. SAUNA SONG
ゆるりとしていてよかった。


●インスト(確かドラムソロから始まってめちゃくちゃ格好よかった ⇒ドラムソロで始まったのはここではなくて1つか2つ前の時で、ここの曲は4人それぞれのソロパートがありました。順番は 大→昌→匠→柊 かな


15. I'm Fish//
楽しかった! けれどもだ! あのインストからこれかーい!ってちょっとなったやん!(あとで書く)
踊れるの楽しかったり「いただきまーす」言いたかったり何回ライブで聴いてもいただきまーすのタイミングを間違えたりしました(個人的)。統計取ってるわけじゃないけど、ライブ制作陣この曲ほんと好きだよね?めっちゃライブでやるよね???w


16. Seagull
のちに「拷問」と表されるほど声出せないのがもどかしかった曲。でも超楽しかった!!!!!! でもインストから続けてやってほしかった!!!(あとで!書く!!)
アルバムで聴いた時から思ってたけど、やっぱりライブで聴いて超楽しい曲だなと思った。拷問だけど。いつかこの曲を思いっきり声出してライブで聴きたい、体験したいなとある種未来への希望を繋いだ曲になったかな。


17. 勝手にMY SOUL
こちらも声出せないのがもどかしい気持ちだった。でも匠海くんがいつも客席が言うサビ前の「イェーー!」の前に「気持ちで!!」って煽り入れてて、たぶん会場みんな心ひとつになったと思う。

最後の挨拶(?)

 匠海くん、「僕はこの人たち(メンバー)と出会えて最高に幸せな人生だし、みんな(客席)とも出会えて幸せだし」みたいなこと言ってて、なんかこう……尊いなぁと思ったし、DISH//が生まれてよかったなぁと思った。
あと「最後の曲です」って言ったとき客席からうっすら「え~~」って声出ちゃって、それに対して「言ったな?今え~って、声出したな?(笑) でもほんと、僕らも思ってます。ほんとに楽しい時間はすぐ過ぎて、苦しい時間って長かったり、そういうことってあるよね」みたいなことを話してたかな? この時の匠海くんがすっごく優しい顔をしてたのが、あぁよかったなぁみたいな謎の安心した気持ちになった。

 

18. No.1
この『No.1』まじでめっちゃよかった。客側は声を出せないライブで、一緒に歌うとかコールとかの一体感を生む要素が以前よりも減ってる中、みんなで一緒に人差し指突き上げた光景、めちゃくちゃよかった。あぁライブだ、と思ったし、これが見たかった、こういう景色の中にいたかったんだと思った。
そして最後のサビ前で音が止まって、ライトが人差し指突き上げた匠海くんだけを照らして、沈黙の中みんなが匠海くんを見つめて、匠海くんが見つめ返して、そして歌い出して曲がまた流れて。この瞬間「化けた……」と思った。ライブで曲が化ける瞬間を見たと思ったし、コニファーの『DAWN』を思い出させる彼らの歴史においての伝説が生まれた瞬間を目撃した気持ちになった。(でも実は双眼鏡を下ろした瞬間に歌い出したから、歌い出す瞬間の表情見逃したんですけどね←)(あとめっちゃいいと思ってるその裏で「こんだけイケメンやと脇汗とかそういうの分泌されんのか!?????」とか思ってたごめんなさい)
ずっと『No.1』いい曲だなと(もっと言えば“売れっ子っぽい曲”だなと)思ってたけど、ド名曲に化けましたね。最高でした。

なるほどと思った考察。
アルバムは『ルーザー』から始まって『バースデー』で、「いくつもの“負け”から立ち上がり生まれ変わったような気骨を感じる」という感想を前に書いたのだけど、ことライブという場においてはまた、去年のツアー中止(=負け?)を受けて這い上がり、No.1に上り詰めていこうとする彼らの今を切り取ったセトリとも感じられるよな……。なるほどな。

そしてセトリに関連して、前述した『Seagull』の件ですけど、もうこれたぶん個人的な好みの話ではあるんだけど、ほんとにまじで心から声を大にして言いたい、あのインストからの流れだったら絶対そのまま『Seagull』なんよ、テンポも雰囲気もSeagullのイントロかと思うようなメロディだったからあの勢いのまま匠海の「海とロックンロール!」なんよ………!!!!! 一回インスト終えてからの『I'm Fish//』はあのバチクソ格好いい演奏の勢いを殺す……。ほんとまじで超勿体ない。しかもこの並びのこの色味なら聴きたいのは『I'm Fish//』じゃなくて『愛の導火線』かな!!!(ただの文句w ⇒2日目を経て考えを改めたのでまた言い訳させてください。w
まぁでも、個人的にひっかかったこの順番問題はラストの『No.1』で帳消しでした。ま~~~~~じでこの『No.1』よかった。コニファーの1曲目がTWWなのと同じくらいグッときた。ほんとによかった……。

 

【5/3追記】
ライブ後のアフタートーク(? いつもなら紙皿投げる前にちょろっと今日の感想を話してるみたいな時間)にて、といちゃん→ファンに対して「Seagullで声出せないとかもはや拷問みたいなもんでしょw タラッタッタッタとかキュアキュアとか絶対言いたいもんね」などと言いながら踊ってて、そのあと「みんな帰ってカラオケで、あ、カラオケもだめか、ひとりで家でとか?」匠「家でカラオケ導入してw」……みたいな会話がありました。そのあと「紙皿も投げれないからエアーで」ってエアー紙皿(投げるふり)してくれて、「そこらへん(1階前列指して)の人いっぱい取れたら2階の人にあげて」みたいないつもの言葉も言ってくれてた(笑) 最後は「また遊ぼうなー!」もありました。

 

続きまして個人的なメモというかぼやきというか感想箇条書き

・匠海くんへ 気になる文字のTシャツをライブで着るのはやめてください。(笑) 前の配信ライブの時もキュウリだかサボテンだかの変なTシャツ着ててめっちゃ気になってたんだけど、今日の中国語?みたいなやつもあれ何だったんだろう?? 子孫とか書いてあったけど、中途半端に漢字読めるけど意味わからんみたいな気になるやつ着るのやめて? なんでそんな変な服ばっか着るの?( ˙-˙ )笑(そしてそんな気になる文字入りのTシャツ、割と薄い生地だったのかやや、うっすら、おちくび様がお透けになっておられた気がしてちょっと凝視しちゃったすみませんでした)
・衣装に関しては大智くんが爆裂1位でした。途中で肩が破れてることに気付いた時の胸の高鳴りは言葉では表現できません。笑 いやまじ、なにあのえっちいの。今日の大智くんえっちいすぎた……その隙間から見えるタトゥーみたいなやつなにあれ????えっちい……。(語彙力無) か~ら~の、気付いたら上脱いでて袖なくてゴツさとムチッと感が絶妙なバランスで収まってる完璧なえっちさの二の腕を衆人の前にお晒しになっててほんま卒倒するかと思たよ……。大智くんの二の腕………………………………………………(ダイイングメッセージ)  てかほんと今日まじで大智くんはんぱなかった、赤髪バチバチに似合ってたしえっちいし時々ニヤッと笑ったりちょっと苦しげな表情(※超絶セクシー)で汗だくでバチボコにドラム鳴らしててもうやっっっばかった。惚れたと思ったもん。歩く兵器やん。
・まーーーーーくん!いやまーくん様、昌暉様………。昌暉様という名の色気の神が降臨なさってた。イケ散らかし具合がやばかった。今割と痩せてる時期だと思うんだけど、頬とか輪郭とかシュッとしてるのにギター弾く手は割としっかりゴツッとしててそのギャップに色気大爆発してて、とにかくやーーばかったですね。髪も濡れ髪っぽいスタイリングでめちゃくちゃよくて、たまたま双眼鏡向けたときに鬱陶しそうに髪かきあげた瞬間を見てしまって何かしらの勝利を確信した(?)。あの衣装の袖、あの丈はずるいて、あの手首見える丈はアカン……ありがとうございました………。
・といちゃんのトーク聴いてて、この人のこのいつも変わらない明るい雰囲気とかメンバーやファンへの接し方?が、この「ずっと変わらないDISH//」を守ってるのかなぁなんて思った今日でした。変な話、匠海くんがどれだけ売れてもDISH//を帰る場所として思えるのはこの人の変わらない態度のおかげなのかなぁとかさ。想像だけどもね。あと九州がなんで九なのかは9個県があるからでは…?と思ったけど数えたら9個なかったのでつい由来調べてしまったよ←

・『猫』でバズったことに全くと言っていいほど触れなかったので、失われた2020感というか、声出せないとかそういう縛りはありつつなんかどこかで2020年正月に横浜でライブしてたあの頃の世界からワープしたように感じた。当然あの時から地続きの世界に生きてはいるんだけど、いい意味であんまり久々感がなくて、でも実際には結構時間経ってて、なんか不思議な気分になった。
・と同時に、客層が入れ替わったまではいかないけど新しい波みたいなものも感じたは感じたな(笑) 私は言うほど古参なわけじゃないしコロナ対策で客席が間引いてあったのもあったけど、TFT猫以前の曲の揃い方が全然違った気がする。それが悪いとか嫌だとかではなく、シンプルに「変化の瞬間を見てるな」って思うというか。グループが長く存続すれば当然のことで、かつては私もその(新しい波の)一員だったわけで、こういう変化を見ていくのも推しを推す面白さのひとつなんだよなと思ったりしました。

・どの曲か忘れたけど匠海くんだけに丸く赤い照明が当たってる時のステージがちょっとだけ日の丸みたいに見えて、DISH//日本背負う気なんかなと思った(たぶんそんな壮大な意図はないと思うけど)。 そんな深読み抜きにしてもこの照明演出?すごい好きだった。
・あと(これも曲忘れたけど)メンバーを上から照らすピンスポ?がボーダーみたいになってて降り注ぐ光に刺されてるみたいに見える照明めっちゃすきだった。
・菱形のライトがメンカラ?に光ってたり、グラデーションになったり×が流れ星になったり、そもそも菱形の光る台4つもセットに組み込めてて各所で財力……と思った(金の話すな)。モニターとか映像系がなかったから視覚的な演出照明に全振りしてて、だからもう照明がめっちゃよかったよ……。ずっと照明の話してるけど、好きなんだよな~~光の演出的なあれこれ。(照明見るために天井定点映像ほしいもん)

・どうでもいいけど私、バースデーとNo.1を混同しがち。今日も最後の話聞きながら「No.1さっきやったよな…?ならバースデー?」とか思ってたら逆?だった。どっちもタイアップ付きで“売れっ子っぽい曲”という印象があるんだと思う(笑)
・これもなんでもないことだけど匠海くん一時期みたいに痩せすぎてなくて時折やや貫禄すら感じた。大人になったなぁと思ったし、私はこれくらいのちょっとむちむちがすきです(笑)


まとめ

冒頭でも書いたけどいい意味で「変わってない」けど、全体的に「大人になったなぁ」と思ったライブでした。上から目線な感想になるけど、どの段階からファンになった人も楽しめるよう考えられて作られたセトリに思えたし、でもトークでのわちゃわちゃとかダンスロック継続してることとか、その「らしさ」はしっかり残して、でもそれをきっと自覚的に選択して残したり変化させたりしてる風に思ったのが過渡期って感じがして面白かったです。まぁ過渡期じゃない瞬間なんてないんですけどね、グループにも人にも。

やっぱり私にとってライブは「体験」としての価値が大きくて、それはどうしたって配信ライブでは味わえないものだなと改めて実感。でも、今日は2階席だったのもあってどうしたって見えない表情があったり、見逃した!みたいな瞬間があったり、物理的に遠いとか、ぶんぶん振り回されるタオルに視界を塞がれるとか(笑)、そういうことのない配信ライブ(映像)にもそれはそれでいいこともあるなっていうのも、また改めて実感したかな~~。
わからんけどたぶん、仮に向こう側(ライブする側、演者側)が観客の反応を受け止められるよさ?と金銭面や権利関係の手間暇とか諸々を差し引きした総合的な価値が10だとしたら、それと比較して見る側の体験としての価値は、よさ10から現場ならではのデメリット差し引くと6くらいで、それと比べて配信ライブのいろいろ足し引きした総合的な価値は5.8くらいだと思うのよ。差があんまりない。でも演者側の有観客と無観客の差は、有観客が10なら配信は4.5くらいなんじゃないかなと思ってて。お互いにこの感覚の差に気付いて埋められないと、なんかいろんな価値基準が揺らぎそうだなとも思うし(もう既に揺らいでるとも思う)、突き詰めていくと「ライブ」や「舞台」というものの根底が崩れそうだなとも思ったりしますね。これはもはやDISH//のライブの感想というよりかはコロナ禍におけるエンタメについての話ですね。
正直こっちからしたら、金と時間とネット環境さえ合えば確実にチケット取れる配信のよさを一度味わってしまうとなぁ……って思ってしまってるし、SNS社会だし、これまで以上に「ファン間の平等」みたいなものがファンの中で気にされるようになってくるんじゃないかなと思うと、余計より多くの人に均等にみたいなコンテンツが幅を利かせてくるのかな~とかね。いやほんと何の話だこれ。笑

今日の話に戻そう。
2年前初めてDISH//のライブを観たのがこの会場だったので、めちゃくちゃ懐かしくて、でもあの時みたいにワキャーーって話せるフォロワーさんがいなくて、やっぱり「仲間と会って推しの話をできる」のも現場の醍醐味なのだとほんとうに心底実感しました。
でも会場入る前に時間潰してたカフェで私ともうひと組しかいなかったそのもうひと組がフォロワーさんで世界狭いなと思いました。笑


まとめって言いながら全然まとまってないし余談を書きまくってしまった。
ともかく私の今日の目的は「DISH//にとって久々の有観客ライブであるその時間を一緒に過ごす」ことだったので、無事ライブを観れたことでしっかり達成できてよかったなと思います。元々FCで外れててまぁいいかと思ってたところを一般でねじこんで取ったんだけど、初日、入れてよかったです。なんやかんや書いたけど、やっぱり同じ空間で音楽を感じられる時間はすごく好きだなと思ったので、また参加できる機会があるといいなと思います。というか明日も行くんですけどね……(笑)

最後に、日替わりなのかはわかりませんが本日のメンバー所持グッズタオル(?)について、といちゃん黄緑、まーくんパープル、匠海くん黒、大智くんピンクだったと思われますという報告だけして終わりたいと思います。

ありがとうございましたー!!!!!